ニュース

小室圭|元婚約者が解決金を今更受け取る可能性は0%!?考察してみた

世間を騒がせている眞子さまの婚約者である小室系さんの金銭問題について2021年4月8日に小室系さんが『小室文章』なるものを28ページのPDF似て発表して世間がざわついていましたよね。

しかしその後、小室圭さんのお母様である小室佳代さんの元婚約者であるAさん(ここではAさんとさせていただきます。)に

解決金を支払う意向とのニュース報道がありました。

結局のところ、このPDFの発表によって総スカンを食らってしまった小室圭さんの『解決金』をAさんはもらうのか?

と言うところを考察していきたいと思います。

小室圭さんの渡す解決金とは

そもそもなぜ解決金と言う言葉が使われるのかに関してですがこちら。

小室さんの思いは

  • 借金ではないので『解決金』
  • Aさんからの贈与であったため借りていると言う認識はなかった
  • 借金一族…とその後言われないために

このような内容で『解決金』と言う言葉を用いて説明されているようです。

お母様の佳代さんはAさんに役400万円の支援などをしてもらっていて、

小室さんの入学金や、生活支援など様々な内容で、お金を振り込んでもらっています。

時には半月で40万円ほどの支援をしてもらっていて、それが小室圭さんが小学校3年生の時です。

当時、小室系さんが小学生だったとすれば、お金の動きについてはわかりにくいものだったと思われますし、

お金を佳代さんが要求し始めたのは婚約から1ヶ月後のことで直近です。

小室さんもお父様となられる方との認識で小学生には疑問を持つことがむずかしかった可能性は十分にありますよね。

そして眞子さまとの婚約の発表があった後に、『金銭トラブル』に関しての報道があったわけですが(1ヶ月後のこと)

その時に『借りた金ではなかった』と言う発表をしているわけです。

そこで『解決金』と言う言葉を用いているわけですね。

解決金の値段はいくら

ところで元婚約者のAさんをとことんディスって、解決金を渡して解決に向かおうとしている小室圭さんなのですが、

解決金の値段ははっきり示していません。

ポイントをまとめてみた

  • やりとりのあった金は約400万円
  • 借りた金ではないと言う小室さん側の認識
  • 眞子さまの婚約者であるという意識

400万円の借金がある…と言うのが残念ながら世間のおおよその認識かと思います。

なので単純に素人が考えれば、

400万円とお詫び金

で渡すのが穏便にことを解決する金額として適切ではないのか?と思います。

しかし、小室さんは今では国民のほとんどが知るであろう知名度を誇っていますよね。

それは眞子さまの婚約者だから…

その信頼回復に向け他解決金の提示が必要と思われます。

Aさんは歳も若くないことと、それでも小室さんの眞子さまとの結婚を支持するような形で一旦は終わっていました。

(要は泣き寝入りのような感じですね…)

眞子さまの婚約者として、お金は数字で表せる誠意として渡し、

世間の感じ方として

  • 少ないと思う
  • 当てつけのように多い金額だ

などの更なる反感を買わない金額であることが大事ではないかと思います。

チェックポイント

一般的にこのような金銭トラブルにおいての解決方法は『双方の納得いく落とし所』を探すのが一般的な様です。

もと婚約者のAさんに対して、『言いがかり』のような態度をとってしまった小室さんを世間が納得する解決ない様にするには相当な400万円以上は咲いて必要な金額ではないでしょうか?

なぜ今さら解決金を払う考えに至ったのか

2021年4月8日に小室圭さんは新たな『小室文書』を発表されました。

小室文書のポイントは?

  • 28ページにもわたる長編
  • 金銭トラブルにつながる経緯を綴っている

このように『保守的な言い訳』であるとの見解もありますが、眞子さまはこの内容に関して理解を示しているとのこと。

ちなみにこの文書を出した時の小室さんの代理人はこう述べている様です。

小室さんの代理人弁護士の言葉として「この文書の公表で国民の理解が進む進まないというのは今回の目的の範囲から外れています」と紹介。

Yahoo!ニュース

そして、28ページにもわたる『小室文書』の関しても賛否両論。

世間の声の内容はこちら

  • 読んで欲しい意思を感じられない
  • お母様の保守や意向を汲みすぎ
  • そもそも長文すぎて読む気もしない

この様に確かに、かなり興味の軽方でないと全文を読むことは難しいのでは?と感じる内容です。

ちなみにこちらです。読みたい時にどうぞ!

28ページの『小室文書』全文を読む

そしてなぜ、今回『解決金』を渡そうと思ったのか?と言うことですが

ポイントは…

  • 『解決金』と言う言葉を使用したかった
  • 文書を発表したが世間に総スカンを食らってしまった
  • それじゃない感…

なんとて、文書で世間に説明すると言うことはそれなりに心象に影響を与えますよね。

それにちなんで信頼回復とお騒がせをチンカしたいと言う意味合いもありと思いますが、

それが全部裏目に出てしまった…

と言うことからこの様になったのでは?と考察します。

Aさんはどよめきを隠せない

小室圭さんは、8日に公表した文書では、金銭問題が報じられている母親の元婚約者への対応について、「解決金」を払ってでも和解することには「世間からはやはり借金だったのだと見られてしまうだろう」などとして、否定的な姿勢を示していましたが、12日、小室さんの代理人弁護士は、「今の時点では、いわゆる解決金という形で解決したい意向がある」と明らかにしていました。 これに対し、13日、元婚約者の代理人が取材に応じ、解決金の話は小室さんが文書を公表した後に代理人弁護士からメールで受け取ったことを明かしました。

Yahoo!ニュース

もう順番がめちゃくちゃなことがわかります…

まとめ

こちらもおすすめ♪

-ニュース