アーティスト

ado『踊(おど)』の歌詞を考察!意味がわからないと言う声も多数確認

4月28日に新しい楽曲を発表したYouTubeでも異常な再生回数を誇っているアーティストのado(あど)さん。

今回『躍(おど)』という楽曲に関しても投稿後5時間ほどで再生回数が100万回を突破するなど

ファンを増やし続けています。

これに伴って、毎度魅力的な歌詞構成ですが、勝手に考察してみたいと思います。

(あくまで個人の感想を含めた考察ですので、正解ではないです!!!)

『踊(おど)』の歌詞考察してみた

今回、発表された新曲の『踊』の動画をまず貼っておきます

考察

中途半端なツイートや投稿は無駄で、埋もれて仕方ない

ふわふわっとみんなの波に乗っていればいい

喜ばしい発信も悲しい発信もとにかく『いいね』が欲しい

考察

つまらないことがあっても、

自分なりの考えもを持って、そのまま突き進むことが押されている感じです。

そこで自暴自棄になって落ち込んだりしちゃっても、もうそれ忘れて吹っ切れよ!って感じがしますね。

考察

落ち込んだり、へばったりしても気分が上がるまで頑張ってみよう♪

そして同じ考え方や、志をもった人と一人でも繋がったら勝ち!

連帯感があればそれこそ怖くない!って感じでしょうか。

考察

もし、問題にぶつかったとしてもみんなで考えて、

乗り越えていくことが可能!(ポジティブですね!!)

考察

『暗転』とはツイッターやYouTubeなどでもできる『ダークモード』のことではないかと推測します。

『孤独は殺菌』一人の時間は自信を冷静にするクールダウンできる時間と言う意味とも取れますが、

ここはやはり、みんなで絡むことによって、辛さを拭いとれると言ったような意味ではないでしょうか?

考察

『即興の血小板』血小板とは瘡蓋を作る体液なので、劣等感を持っていてもすぐに修復できるという意味の様な気がします。

考察

本当は上がり下がりするテンションに疲れ切っているんでしょうね。

それくらい自分の周りが目まぐるしく変わっていく感じがします。

そして『本音』のぶぶんは以下であらわになります↓↓

考察

『別に興味ない』『特に関係ない』→本音の部分でしょうね。

『舌鋒(ぜっぽう)』とは『鋭く』と言う意味で、指すような言葉使いでと言うことでしょう。

『合図』とはこの場合、SNSなどのコメントなどの通知を表すのでは?と感じます。

夜になっても集まって孤独を感じず、アゲていこうぜ!と言う意味でしょうか。

 Ado『踊』イラストレーターはかゆか!原画のキャラデザの考察も!

まとめ

4月28日にリリースされたadoさんの心境の歌詞の意味について考察してみました。

あくまで個人の見解でふんわりしているのですがその部分に関しては『個人の感性』と言う意味で理解お願いします笑

今後も何度も聞いていると違う発想が上がってきたりしそうですので、

今度も何回も聞いてみたいと思います。

こちらもおすすめ♪

-アーティスト
-