エンタメ

gotoキャンペーンが延期の際のキャンセル料はどうなる?

2020年7月22日より始まるGotoキャンペーンですが、延期の可能性が十分に出てきていますね・・そしてそのために発生してしまうであろうキャンセル料の負担の矛先が気になってきます。

現在としては『Gotoキャンペーン』企画を遂行すべきかの意見が世間では飛び交っていますが・・・

2020年7月16日の時点で、

『都民が都外に旅行すること、東京に旅行すること』に関してのみ限定的に延期される方針のようです。

都民の人からすれば、理解できてもがっかり感が半端ないですよね。

それに伴って

  • 延期になって旅行行けなくなったらキャンセルするんだよね?
  • キャンセルした時のキャンセル料って誰が負担??
  • もしかして自己負担・・・?

こんな疑問が生まれてくるのではないでしょうか・・・・

Gotoキャンペーン延期や中止の可能性は?

gotoキャンペーンが延期になった時のキャンセル料

Gotoキャンペーンが延期になった時のキャンセル料っていったい誰が払うんでしょうか・・・?

結論から言うと・・・

キャンセル料は自己負担

とのことです。

ちなみに楽天トラベルのキャンセル料に関しての質問箱ではこのように書かれて入りました。

キャンセル料に関しては、Go To トラベルキャンペーンに関わらず、楽天トラベルまたは各宿泊施設のキャンセルポリシーが通常予約時と同様に適用されます。ご予約時のキャンセルポリシーを必ずご確認の上ご予約ください。

引用元:楽天トラベル

16日の発表以後、都民や東京へ旅行を考えていた方は早めに手を打とうとしている方も多いと思います。

だって直前になればなるほど、キャンセル料って高くなりますよね・・

ウキウキしてたのに、キャンセル料だけ発生するなんて・・・

なので、今回このような方針になり、もしかすると近郊の県にも同じような対策が取られる可能性も出てくるような気もしてきます(予想ですが・・・)

もしGotoキャンペーンに乗っかりたいとしても、東京または東京付近への旅行は不安が残りますね。

旅行時期が先であれば先であるほど不安な時間が長そうね・・・

gotoキャンペーンが延期されて発生するキャンセル料に関しての世間の声

もしも、Gotoキャンペーンが延期になり、キャンセル料が発生した時に感じる世間の声をまとめてみました。

 

東京都民は、地方への旅行に行けないばかりか、キャンセル料も自ら
支払わなければならない

税金を使う以上、不公平はよくない
東京近郊に旅行したとして、東京を通過しない保証はない

旅行に行く個人が、居住地によって、その理由だけで、補助が受けられたり、受けられなかったり、そういう不公平はダメじゃない?

このように、キャンセル料に関してだけではなく、公平性にかける・・・

との意見も多いようでした。

更には旅行会社の方からのツイッター投稿もありました。

確かに、旅行をたくさん申し込まれて一気にキャンセルされれば宿泊先ももちろん困りますが、仲介する会社にも膨大な負担がかかってきそうですよね・・・

まとめ

ワクワクしながら計画した方も多いであろう、Gotoキャンペーンがなんとなく雲行きが怪しくなってきましたね・・・

『やっぱやめとこう』の先に生じるキャンセル料に関してまとめてみました。

キャンセル料に関しては、通常時から発生しますが、クーポンなどで還元がある分期待していた方が多いと思われます。

2020年の旅行は全国的に前向き・・・とは言えなさそうですね。

-エンタメ

Copyright© YUMEMIRU , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.