エンタメ

大相撲『平成天皇』と言ったNHKアナウンサーは誰?常識ないと炎上!

2020年1月25日の大相撲中継でNHKアナウンサーが『平成天皇』と連呼したことで炎上しています。

言い間違えはだれにでもありますが、一体だれが間違ってしまったのかも気になりますね!

『平成天皇』と言ってしまったことは一体何が間違えだったのかも以下で解説しています!

『平成天皇』と読んだのはアナウンサーは藤井康生さん

このようなことから炎上しています。

これは大変ですね。

敬意を払うべき存在ですので正しい表現方法を使用するのが適切かと思います。

以前ミヤネ屋などでも、適切でない表現の仕方があり、多くのクレームが寄せられたそうです。

なぜ『平成天皇』と言ってはいけないのか

答えは「○○天皇」という呼び方が「諡」(おくりな=崩御後の追号)だからだ。

諡とは、「人の死後にその徳をたたえて贈る称号」(広辞苑)。つまり、崩御されるまでは使うことができない呼び名なのだ。

引用元:https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/heisei-reiwa

これは知っていないといけないですし、炎上してしまっても仕方ないですよね

しかも連呼したようですから、炎上してしまうわけです

聞いている方は正直耳を塞ぎたくなる人もいたでしょうね…

今後注意していただきたいです

『平成天皇』で炎上!NHKの藤井康生アナウンサーのプロフ

https://www6.nhk.or.jp/a-room/search/detail.html?i=416

生年月日: 1957年1月7日 (年齢 63歳)

生まれ: 岡山県 倉敷市

最終学歴: 中央大学法学部卒業

ベテランアナウンサーだっただけに、炎上は大きかったのでしょう。

スポーツニュースの担当なので今後も気を落とさず活躍していただきたいと思います。

まとめ

アナウンサーってとても賢くて素敵な人が多く、その反面ミスが目立つと炎上の対象にもなってしまいますね。

誰しもミスはあるので、今後も頑張ってほしいとおもいます!

-エンタメ

Copyright© YUMEMIRU , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.