お出かけスポット

富士山花火2021の服装やお勧めの防寒対策をまとめてみた!

富士山花火2021は、富士山の2号目にあたる遊園地ぐりんぱで観覧できます!

富士山花火2021のチケット情報や無料スポットの記事がこちら!

その際に、12月に開催と言う事ですが気温がマイナスになると言うことなので、かなりの防寒対策が必要です!

富士山花火2021を存分に楽しむには、どのような服装で臨むのが良いのでしょうか!

以下で各項目についてまとめています

富士山花火2021を楽しむ防寒対策バッチリの服装

富士山花火2021は12月18日土曜日の開催です。このときの気温は、すでに0度を下回っていると思われます。

さらに、5000発の花火が打ち上げられるので、見る時間も相当なものになりそうです。

よってしっかりとした防寒対策をして、富士山花火2021を楽しみましょう!

その時の服装ですが、富士山花火2021の観覧方法によって、防寒対策は多少変わってくるので、チェックしていきましょう!

観覧方法に関係なく必要な防寒対策!

snow light festival party

富士山花火2021この観覧方法は2種類あります。

  • 遊園地ぐりんぱの敷地内で見る場合
  • 自動車のままドライブインで見る場合

この2つがありますが、2つに共通する防寒対策をまとめてみましょう!

富士山花火2021を遊園地ぐりんぱの敷地内で見る場合の服装

富士山花火2021を遊園地グリーン場の敷地内で見る場合、遊園地ぐりんぱ内に、貸してくれたレンタルシートを敷いてその上に座ってみるようになるようです。

シートの上に、暖かなマットがあるとお尻が冷えなくて済みますね!

さらに座布団など、地べたとお尻を密着させないようにすると防寒対策が上がります!

帽子は、耳などまで隠れる粘着性の高いものがお勧めです!

コートは登山用などの防寒対策が本格的なものがいいと思います

靴は厚底のものが、冷えが上がってこないのでお勧めです。

カイロは絶対に持っておくべきでしょう!使い捨てカイロのほかに、金属製の何度も使えるカイロもありますよ!

ドライブイン観覧で見る場合の服装

ドライブイン観覧で富士山花火2020一を楽しむ場合、おそらくエンジンをつけて暖房を効かせたまま見られる人も多いのではないでしょうか。

上記で説明した、遊園地ぐりんぱの敷地内で見る状況とはまた違ってきますね!

こんなのがあると便利!

温かい飲み物は必須ですよね!飲み物によっては、体を冷やしたりするものもあるので体を温める飲み物を購入しておくことをおすすめします!

ひざ掛けや着る毛布もオススメ

5000発の花火を見る時間は30分以上になりそうです。頭からかぶってしまえる着る毛布は体を温めてくれそうですね!

曇り止めスプレーもあったらいいかもしれませんね!

ドライブイン観覧の場合は、家族全員で車の中で観覧する場合もあるでしょう。

その場合、車内があったかくなると、車内が曇ってしまう場合がありますよね!

できるだけ車内でもクリアな視界で富士山花火2021を楽しむために、ガラス用の曇り止めを購入しておくことをおすすめします(^^)

当日までに、窓ガラスに吹きかけておくといいですね!

まとめ

富士山花火2021を楽しむための事前の充備物をまとめてみました!

参考にしていただけたら嬉しいです!

-お出かけスポット