スポーツ

阪神・伊藤将司の死球でヘラヘラな態度が悪い動画

1月10日に行われた阪神と巨人の野球試合において、阪神の伊藤投手が、梶谷にデッドボールしてしまい、結果梶田には親指を骨折すると言うアクシデントがありました。

伊藤投手の、その後の対応が良いようにをしていたとか態度が悪いなど話題になっています。

伊藤投手のデットボール動画

阪神の伊藤投手がデッドボールを投げてしまった瞬間の動画はこちらです。

こちらで、伊藤投手が投げた瞬間、梶谷選手の手元にボールが当たったのがわかります。

その後、デッドボールしてしまったのを確認し、伊藤投手は一瞬帽子を脱ぎますが、その後なんとなくニヤニヤして帽子をかぶり直します。

この態度の様子からネットではこのような反応が多いようです。

https://twitter.com/_mizutsuki/status/1413855343898021897?s=21

巨人を応援しているファンからも、安心のファンからも少し投球後の態度が気になると言うふうにTwitterでは話題です。

死球の背景

安心を伊藤投手が投げた時に、そのボールがデッドボールになってしまい、巨人の梶谷選手が骨折してしまったときの背景はこちらです。

巨人の梶谷隆幸外野手(32)が阪神戦(甲子園)の初回に右手甲に死球を受け、途中交代。試合中に兵庫県西宮市内の病院で検査を受けた結果、右第3中手骨骨幹部骨折と判明した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5e39edcb0bfaf61831aa949e201df060793281a9

動画でもあるように、右手の親指にボールが立った瞬間梶谷選手は、座り込んでかなり痛がっていました。

そのまましばらく動けなくなったようで、トレーナー等と一緒にベンチの方へ歩いて行っていました。

さらに、飯を怒らす態度はこちらからも。

インタビューで謝罪しない

放送によりカットされていた可能性もありますが、伊藤投手はまだコメントなどで謝罪はされていないようです。

これについてもやはりファンは気になっているようです。

やはり、巨人ファンの方たちはその場で伊藤投手が所在することを望んでいたようです。

確かに、あのように痛がっていましたし、梶谷選手と言えば先日復帰したばかりだったので、またしばらく試合に出られないとなるとかなりの痛手です。

伊藤選手は悪くない!という声

今回、体とボールを足谷選手に当ててしまった伊藤投手ですが、もちろんわざとにしたわけでは無いですし、謝る気持ちがないとかそういうものでは一切ないと思います。

この件について、伊藤選手を、擁護するコメントもたくさんあっていました。 

コメントやTwitter等には、伊藤投手が当日コントロールの調子が悪かったなどと言う声も目立ちました。

全体的にコンディションが悪かった可能性はあります。

スポーツでは、家を持つ着物になるのでどっちが悪い良いなどとは言い難いですが、ファンの方が感情になる気持ちもわかる気がします。

こちらもおすすめ♪

-スポーツ