ニュース

木本ルールの内容全貌!TKOは後輩芸人に威圧的だった!

ニュース
この記事は約4分で読めます。

お笑い芸人の木本武宏さんが、後輩芸人や知り合いから約7億円ほど投資を目的にお金を集め、お金の行方が分からなくなり騒動となっています。後輩芸人との間には『木本ルール』と呼ばれるルールがあったと言うこと。その内容が気になるので調査しています

【全貌】木本ルールの内容とは

木本ルールとは、TKOの木本武宏さんと後輩芸人とのあいだで守らなければいけないルールと言うことです。

『木本ルール』の『木本』はもちろん、木本武宏さんのことですね。

では1つずつ見ていきましょう。

その① 木本からの電話は3コール以内に出る

木本武宏さんからかかってきた電話に、後輩芸人たちは3コール以内に応答しないといけないようです。

スマホで電話することが多いでしょうが、リコール以内にポケットやカバンから取り出して、応答するのは難しそうです。

もしスリーコール以内に、電話を取れなかった場合にどのような罰が課せられるのか…。

『電話口でむちゃくちゃ怒られる』

可能性がありそうです。もともと気の長い人だったら、3コールで出ない位では起こらないですよね。

結構非難の声も多いようですが、ポジティブに捉えると

  • 素早い対応をする
  • 人からの電話をスルーしない

など、木本さんからの後輩芸人への愛情もあったのかもしれませんね。

礼儀は正しくしろよみたいな…。

その② 木本とすれ違う時は5秒頭下げあいさつ!

TKOの木本武宏さんと、すれ違う時の後輩芸人は、頭を5秒以上下げながら挨拶をしないといけなかったと言うことです。

これは、一言で言うと部活のようですよね。

後輩芸人は5秒以上、すれ違いざまに頭を下げさせると言う事はパワハラに当たるのではと言う人もいるようです。

その③ LINEの返信は後輩芸人で必ず終わる

木本ルールでのLINEのやりとりは、最後の1文が木本さんで終わってはいけないと言うルールがあったようです。

何が何でも、木本武宏さんが言いたいことを増進し終わるまで持ち、それについての感想や意見を述べてから終わるといった感じでしょう。

木本さんでLINEが終わってしまった場合

『無視したような感じで終わりやがって』

そう感じるのかもしれませんが、これも愛の鞭である可能性はありそうですよね。

先輩を立てて、社会でうまく生きていくには、先輩にそれはないように振る舞え!

と言っているようにも見えます。

その④ 木本ルールが窮屈な後輩芸人は離れていく

木本ルールがあることによって、窮屈に感じていた後輩芸人もたくさんいるようです。

なんでも、あまり好かれていなかったと言う証言があるようです。

木本ルールは木本武宏さんが後輩芸人との関係を気持ちよく過ごすために作られたルールです。

木本ルールがあることにより、付き合いづらいと感じた後輩芸人は、木本武宏さんにとても必要のない存在です。

木本ルールがあることによって、木本武宏さんが過ごしやすいように周りの人間をふるいにかけていたルールでもありそうです。

木本ルールがあった後輩芸人は誰

木本ルールを課せられていた後輩芸人は一体誰だったのでしょうか。

ニュースサイトでは、7億円を集めた中に芸人が10人ほどいたと言うことです。

おそらくこの10人が後輩芸人にあたるでしょうから、少なくとも10人は木本ルールの支配下だったと言うことがわかります。

木本ルールは愛のムチ

YUMEMIRU
タイトルとURLをコピーしました