エンタメ アーティスト

【秋山黄色とは】生い立ちや名前の由来&学生時代の音楽背景を調査

一度聴いたら、忘れられない楽曲を生み続ける新星アーティストが…

それは『秋山黄色』さん。

そのパワーのあるサウンドと心に叩き込まれそうな歌詞にファンが急上昇中!

しかし、まだまだ謎が多い人でもありますが曲作りのスタートを切ったきっかけや生い立ちについても調査していきたいと思います。

秋山黄色のプロフィール&生い立ちと音楽活動のきっかけ

  • 秋山黄色(あきやま きいろ)
  • 出身 栃木県宇都宮市
  • 生年月日 1996年3月11日(23歳)※2019年時点
  • 学歴 専門学校中退
  • 趣味 アニメ、ゲーム、曲作り
  • 現在 フリーター

秋山黄色さんが音楽を始めたきっかけはバンドをしていたエレキギターを見たのが出発点!

しかし本人はドラムに憧れたそうです。

アニメ『けいおん!』をみて、ドラムまでのつなぎに3万円ほどのベースセットを購入したが1週間ほどでインテリア化したそうです。

高校1年生の時に祖母が買ってきたギターでスピッツの「チェリー」が弾けるようになり、この替え歌を友達に聞かせていたんだそうです。

コレがオリジナル曲を作っていくことの原点のよう。

金髪頭の秋山黄色は本名?名前の由来とは

小学校のころ、黄色い車を見つけては、『ガード』遊びをしていたそうです。

それで周りから『黄色』といわれるようになったとのこと!

そしてそのままSNSなどで『黄色』という名前を使っていたそうです。

ちなみに黄色が好きなわけではないようですが、金髪じゃん!と突っ込みたくもなります…

小学生らしい遊びでカワイイですね!

そして『秋山』は母の旧姓だそうです。(ここに深い意味があるのかは謎です。)

わかりやすい由来ですが、印象が強い!

秋山黄色の顔画像がない理由と性格

秋山さんは自分のことを『暗い』と語っていて、あまり率先して前に出てくる性格ではないようです。

しかし現在彼のパフォーマンスには心を砕かれんばかりの衝撃を受けるといいます。

趣味にもあるように『アニメ、ゲーム』などの中に『曲作り』が参入してきて、それを動画としてアップし、反響が大きかったことから『もっと行ける』『100のうちの2くらいでしか作ってない』など、余力を余していたようです。

何より、曲作りが楽しいと感じて続けてこられたようなので、あくまで前に出るのは『曲』なのだということなんだと思います。

なので、金髪にTシャツ、目にかかる金髪、コレが彼の素顔なんだと思います。

もうすでにイケメン空気をまとわれています!

秋山黄色の中学&高校時代や専門学生時代

中学時代

アニメ「けいおん!」に刺激を受け、 ギターを楽しみながら、学校では美術部に属していたということです。

秋山さんは、自らMVの作画などにも取り組まれていて、ここにも才能を発揮されています。

高校時代

軽音部で過ごしたもののバンド活動をすることはなかったそうです。

周りに一緒に音楽活動をする人がいなかったといいます。

そしてバイトをしていて、『無能だ』を感じていたとのこと。

そこから漠然と『音楽がお金になったらいいな』と感じることがあったそうです。

その虚無感からのインスピレーションが歌詞作りの材料にもなっているようです。

全ての事柄がアーティストの道に続くものだったのですね

専門学校

志望動機や通っていた学校などについては不明ですが、中退したとだけ語っています。

情報が開示されれば、追記していきます!

秋山黄色の家族構成は?

秋山黄色さんの家族って一体どんなんだろうって気になりません??

まずは家族構成!

  • 祖母
  • 犬猫

秋山さんには兄弟がいるのか知りたかったんですが、情報はありませんでした。

しかし家族のエピソードが面白く素敵な家庭だなぁと思いました!

結婚式にこの衣装をチョイスする家族のセンス!!!

最高でしたね!

秋山黄色さんは笑いのツイートセンスも抜群でした。

ライブ行ってみたくなっちゃいました〜〜!!

秋山黄色の代表曲まとめ

まとめ

23歳(2019年時点)とは思えない、落ち着いた声、引き込まれるのになぜか聞き心地の良い音楽には彼の魅力がたっぷり詰まっていますね。

これからもっと秋山さんらしい楽曲がたくさん生まれていくのだと思うとワクワクしてします。

今後の活躍にも注目です!

-エンタメ, アーティスト

Copyright© YUMEMIRU , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.