ニュース

新型コロナウイルス肺炎にかかった時治るのか?子供への影響や予防と対処法

新型肺炎に治療薬はある?かかったら治るのか

新型肺炎にかかった時はこんな症状が出るようです。

発熱やせき、それに息苦しさや、呼吸困難といった呼吸器の症状が出て、重症化した場合肺炎を引き起こしたり腎臓の機能が低下したりして、死亡することもあるとしています。

引用元:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200127/k10012260561000.html

上記にような症状が出たら、すぐに病院にかかり、もし海外に渡航したとするならそれを申告しないといけないようです。

潜伏期間中も観戦してしまうということなので、症状がないからと行って安心しないように注意深く観察しないといけないようです。

治療方法はあるのか?

現在特定の治療薬はないとされているようです、

同時に現在開発が進んでいるようです。

もし感染していた場合は、体力が回復するまでの『対処療法』を行い、呼吸が困難になるようなら装置を利用して、呼吸を確保すると行った流れのようです。

中国・武漢で入院していた男性は、20日ほど入院していたようで、4人に一人が重症とのこと。

私たちにできる対処法はあるのでしょうか

新型肺炎にかからないための予防策と対処法

空気感染や飛沫感染で映るとされています。

感染者と向き合う距離に30分以上いると感染リスクが高まるとのこと。

新型肺炎は比較的、感染力が高めのウイルスだそうです。

潜伏期であれば目に見えた症状はない可能性がありますし、熱があっても『風邪』と本人が勘違いしている場合もあるかもしれません。

対策としては

  • 人混みを避ける 
  • マスクを着用する 
  • 手洗いうがいをする
  • アルコールで消毒する
  • 外国人観光客が多そうな場所への旅行は控える 

など一般的な対策を取るしかないようです。

子供への影響も気になります。

新型肺炎に子供への影響

一部、中国で子供への感染は少ないなどの報道があ多様ですが、

9ヶ月以上の子供は感染する可能性があると概ね、ほとんどの人が感染リスクを持っているようです。

子供は感染しないと受け止める方もいそうなので、注意です。

子供に関しても一般の風対策と同じで

  • 手洗い・うがい 
  • マスク 
  • 消毒

を意識するほかないようです。

オリンピックも近いですが、どの辺りで鎮静するかもわからないので、念のため人混みは避けたいですね。

まとめ

新型コロナウイルスに関して調査してみました。

特効薬というようなものはなく、自分たちでできる限りの予防と対処をするほかなさそうです。

みんなが自分のことと受け止め、感染を拡大させない努力をしなくてはですね!

-ニュース

Copyright© YUMEMIRU , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.