エンタメ

コロナ休校で休暇や欠勤への補助金対象と条件&貰い方まとめ

2020-03-03

2020年3月2日に政府より、コロナウイルスによる学校の休校により、会社を欠勤や休暇をとる方に補助金を1日あたり8,330円を上限に支給するという施策が実施されるようですね。

こどもを一人で家に残したり、学童などに預けて仕事に行く人にはかなり助かる政策です。

休校の欠勤で補助金が出る人の対象と条件

  • 期間 2月27日ー3月31日まで
  • 対象 休校の対象になっている学校などに通っている保護者
  • 金額 1日8330円が上限

正社員、非正規社員に問わず貰えるということで、パートやバイトなど週20時間以下で働いていて、雇用保険に入っていないひとも対象です。

貰える金額については最高金額が8,330円とのことなので、1日の勤務時間が短い人は、平均値などで調整されると思われます。

社会保険など支払っている人はここから、通常通り引かれるのでしょうね。

支払った会社へは国から10割支給されるようなので、休校を理由に休んで補助金をもらったからと言って、会社の負担は特にないようです。

『無理なく休んで欲しい』と政府も発表していますので、上手に利用しましょう。

コロナ休校で欠勤!補助金を受け取る際の申請方法

こちらに関しては会社ごとに提出書類などが変わってくる可能性があるので、人事や総務に相談するのがいいでしょうね。

さらに、もうすでに有給をした人もいると思いますが、有給を

使用していない欠勤にも

補助金は出るようなので、この場合は

『有給は残しておく』

の方が良さそうです。

かと言って、そんな都合よく受け入れてくれる優良な会社ではない。

と言う方もいるでしょうから、必ず会社の担当部署に相談した方がよさそうです。

まとめ

通う学校の休校により会社に行かなくても、給料相当の金額が補助されるのなら、おうち一緒に過ごし、一人でいるこどもの心配も薄れますよね。

ここは積極的におやすみを取る努力をして、緊急事態でも『仕事しなきゃ!』という概念を変えていきたいものですね。

-エンタメ

Copyright© YUMEMIRU , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.