エンタメ オリンピック

オリンピック専用レーン・優先レーンの違いと罰則の違いをまとめてみた

オリンピックが始まることで都内では交通規制などを19日から始めていますが、

直前の街頭インタビューなどでは『知らなかった!』という方も続出しています。

この件に関して『罰則』もあるとのことなのでオリンピックに関する交通規制などやルールをわかりやすくまとめてみました。

優先レーンと専用レーンの違い

オリンピック中に特別なルールを設けられるこちらの『専用レーン』『優先レーン』ですがまず違いってなんでしょうか?

優先レーン
専用レーン
  • 一般車両も走行可能
  • オリンピック車両に譲る
  • 罰則はなし(?)
  • オリンピック車両のみ走行可
  • 一般車両は走行不可
  • 違反者には罰則

こんな感じで優先レーンには罰則はないようですが、迷惑行為などへは罰則もありそうな気がしますよね。

賛否両論あるオリンピックですから『罰則』を儲けることによって妨害などから守ろうとしているのかもしれません。

ちなみに専用レーンをうっかり走ってしまったらどうなるかというと…

\\ ニュースサイトでは//

専用レーンは、都道府県の公安委員会や大会組織委員会が交付するステッカーを貼った車両などが通行可能で、一般車両がうっかり走行して違反した場合は普通車で違反点数1点、反則金6000円が科されるので要注意だ。

違反店1点と言ったらどんなルール違反があるのかというと…

\\ 一部抜粋しています//

  • シートベルト付着用
  • ヘルメット付着用
  • 交差点右左折方法違反
  • 緊急車妨害等
  • 無灯火

まだまだたくさんありますがこのような項目と同じレベルでの違反だそうです。

(もちろん飲酒運転などの場合はもっと多くの違反点数が加算されます…)

優先レーンは本当に罰則なし?

専用レーンについて罰則があることは分かりましたが『優先レーン』では本当に罰則などはないのでしょうか?

補足的に調査してみましたが例えば『バスの優先道路』で妨害行為をした場合、

罰則はあります!

\\ 例としては//

優先道路の走行や駐停車でバスの走行を妨害した場合、「路線バス等優先通行帯違反」となり、違反点数1点・普通車と軽自動車は6000円の反則金が課せられます。 注意すべき点として、バス「優先」道路に似たものに、「バス専用道路」があります。

https://kuruma-news.jp/

このように『優先』であっても停車していたりなど妨害のあった場合は罰則金違反点数が加点されます。

なので一概に『優先レーン』だから…と言って油断してはいけない可能性はあります。

バスの優先道路で妨害があった場合とオリンピックんp専用レーンで違反があった場いいの罰則が同じですので。

首都高速の金額値上げ区間はどこ

オリンピック期間中の1000円値上げ期間は89日(月)までと、824日(水)から95日(日)まで

\\ 区間については//

埼玉県、千葉県、神奈川県から都内に向かう上り線では、

▽埼玉県 戸田南 入り口

▽埼玉県 新郷 入り口

▽埼玉県 八潮南 入り口

▽千葉県 浦安 入り口

▽神奈川県 大師 入り口

上記をそれぞれ通った時点で、料金の上乗せの対象になります。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210716/k10013143071000.html

このように、上り線と下り線では対応が違うようなので注意も必要です。

通った時点で1000円上乗せになるので、どの区間が値上げになるのかと言うのは知っておいたほうがよさそうです。

同時に首都高速では交通規制も行われます。

高速道路の通行料金一覧一部1000円上乗せになるなど値上げ期間に入ります。

午前6時~午後7時
午前0~4時
  • 家用の普通車や軽自動車、二輪車
  • タクシーバスは除外
  • 1,000円値上げ
  • ETCのみ値引き
  • 5割引

このような感じで値段も大きく変わるので、時間が許すのならば夜間の走行がお得ですが、混雑も予想されますね。

国立競技場周りの交通規制場所

以下の画像で表されるのが、国立競技場周りの交通規制の範囲です。

一般車両が入れないところもあるので、注意が必要です。

こちらもおすすめ♪

-エンタメ, オリンピック