ニュース

森哲男の経歴プロフィール!ワクチン出し抜き接種の炎上がヤバい!

兵庫県三田市の市長である森哲男さんの経歴やプロフィールをまとめてみました。

65歳以上の新型コロナウィルスワクチンの接種が一般人に摂取されない中で、一足先に摂取してしまったことで炎上しているけんでも話題になっています…。

森哲男の経歴やプロフィール

兵庫県みたしの市長である森哲朗さんの経歴やプロフィールなどをまとめています。

  • 名前森哲男
  • 誕生日 昭和27年2月26日
  • 2020一年時点では69歳。
  • 出身 大阪府
  • 最終学歴 大阪大学法学部

私の主張としては2015年8月から現在まで在籍されていて、当選回数は2回と言うことです。

法学部を卒業されているので、学歴はとても素晴らしいものです!

2019年には、パートナーシップ宣誓制度を実施し、同性婚を現実的にした事でも評価されています。

森哲男の炎上内容がヤバい

兵庫県三田市の市長を務める、森哲男さんの炎上している内容は簡単にまとめると以下です

炎上の内容はこちら

  • ワクチン接種を一般接種が始まっていないのにもかかわらず摂取した
  • 先陣を切ったパフォーマンスのつもりが、理由が後付けだと言う理由で炎上している

ニュースサイトからまとめると、

三田市では医療従事者や高齢者施設の入所者を対象とした接種は既に始まっているが、一般高齢者への接種は17日から開始予定。森市長は自身が感染した場合にコロナ対策の責任者が不在となるリスクを避けるため、市民病院の医師の助言もあり余った分を接種した。

Yahooニュース

三田市の市長である、森哲朗さんは現在69歳になります。

と言う事は、高齢者に値するのですが、一般の高齢者にワクチンが摂取されるのは5月17日以降と言うことだったようです。

それにもかかわらず、5月10日の時点で医療現場の余ったワクチンを接種したと言うことから炎上しています。

市長が先にワクチン接種するのはいけないことだったのか?

市長が先陣を切ってワクチンを接種することに関して良かったのか良くなかったのかと言うことに関しては気になるところですよね。

ワクチン接種に関して、国の手引きではこのように述べているそうです。

国が示している手引きでは、接種会場でコロナ患者と頻繁に接すると自治体が認める職員については、医療従事者等に含めてもいいとされている。ただし、「直接会場で予診や接種等を行う者」が対象で、「送迎や会場設営等を行う者等は含まない」としている。

Yahooニュース

市長が、直接ワクチンを接種しに来た一般人の方と頻繁に接触するかと言うことに関しては少し疑問ですよね。

それはそれの、係りの人がちゃんといそうですし、医療従事者でない市長がその現場に入ると言う事は何となく不自然な気もしたりします。

結果、グレーゾーンと言うことですね。

後付けじゃないかと言う炎上!

このことに対して、森哲朗さんはこのように述べています。

コメントを要約

  • 先陣を切ったパフォーマンスのつもりだった
  • リーダーが不在になることを懸念

もし、地震がコロナウィルスにかかり市場と言うポストを開けてしまったときに、その場で執行する人がいなくなると言う状況を避けたかったと言う事ですね。

ただし世間の声は厳しいものも多いようです。

世間の声は

兵庫県三田市の市長である森哲男さんが先陣を切ってコロナウィルスのワクチンを接種したことに対して、世間の声は割と怒っています。

市のTOPに立つ人物が、mRNAワクチンの治験者として身を呈した。副反応の有無を市民に伝える事が今後の義務だ。

身を呈してコロナ対策をして下さる方なら先行でも良いですが、どうなんでしょう。責務などの事情はあるかもしれないが、あと少し待てない器の小ささを目の当たりにした様な気がして、気分の良いニュースではないな。

後からいくらでも言い訳できるもんね〜
とりあえず配慮な欠けたとか一言言えばいいのに。

このように、辛辣な意見がたくさん投稿されていました。(Yahoo!ニュースコメント欄より参照)

コメント欄では、5月17日から一般に摂取される予約を必死で電話を取り続けて、接種時期が7月だったと言う方もいたようです。

ワクチンを手に入れやすいポストにいたことと、ちゃっかり一般人より先にワクチンを接種していたと言うことが、市民の逆鱗に触れたような気がします。

先に言っておけばよかったのでしょうかね?

まとめ

兵庫県みたしの主張である、森哲朗さんの経歴やプロフィール、炎上内容や世間の声をまとめてみました。

-ニュース