ニュース政治家

報道ステーション放送事故!nhk党の立花孝志党首が話した内容とは?

ニュース
この記事は約2分で読めます。

6月16日の報道ステーションで参院選党首討論が放送されました。

討論のテーマは安全保障で「国民の安全をどう守るか」という内容です。

自民党の岸田文雄総裁らが、各党の見解を順番に述べていきます。

そして、リモート出演中のN党・立花孝志党首の番が回ってきて、問題の発言がありました。

そこで今回はNHK党の立花孝志党首が話した内容と経緯についてまとめていきます。

テレビ朝日からの圧力

テレビ朝日から「テーマから逸脱する発言をした場合にはしかるべき対応をとる」との圧力が事前にあったようです。

①日本の安全を守る体制について 

②物価高など日本国内の暮らしへの影響について

NHK党の立花孝志党首の発言内容

テレビをご覧の皆さん、テレビは核兵器に勝る武器です。

テレビは国民を洗脳する装置です。

テレビは国民が知るべき真実を隠しています。

本日お昼過ぎテレビ朝日のプロデューサーの方からお手紙を頂戴しました。

このお手紙にはテーマから逸脱する発言は控えていただくようお願いします。

万が一そのような発言があった場合は然るべく対応させていただく場合もあるとご承知おきください。

NHK党の立花孝志党首がテレビ朝日を提訴する【裁判】

テレビ朝日の立花孝志氏に対する言論統制は問題であるとのことで

村岡弁護士福永弁護士の二人からテレビ朝日を提訴するという話になりました。

6月20日に東京地方裁判所へ提訴するとのことです。

NHK党が日本を本当に変えていくかもしれません

堀江貴文氏も立花孝志氏を応援しています。

政見放送でガーシーの暴露

47都道府県の政見放送一個ずつ1分の動画で暴露47個やるそうです。

YUMEMIRU
タイトルとURLをコピーしました