生活

妊婦が布マスク2枚貰えるのはいつから?母子手帳入手前でも可能か調査

2020年4月1日より、厚生労働省は『妊婦に月2枚ずつ布マスクを配布』とのニュースが舞い込んできましたね!

これって、もし妊娠初期でまだ母子手帳もらう時期ではない人は対象なのかなど気になりますね。

この施策の概要ともらえる時期や貰い方も調査してみました。

妊娠中にマスクがもらえるタイミングはいつから

現在厚生労働省では、2020年4月中旬からマスクを配布してくれるそうです。

しかも布製で洗って何度も使えるので、良いですよね。

紙製のマスクは洗って使うことは推奨されていないし、『いつストックがなくなるか』などの不安も押し寄せます。

そんな配布をしてくレルのは一体、妊娠のどの時期からということになるんでしょうか?

母子手帳をすでに持っている妊婦さん

母子手帳を手にしているということは、『妊婦』ということが明らかですから甲府の対象になりますよね。

一般的に母子手帳をもらえるのは妊娠6週〜8週のことが多いようです。

これについては産婦人科などでこの時期に赤ちゃんの心音は確認でき、担当の医師から『妊娠届』を渡されるケースが多いです。

それを持って速やかに市町村に提出しましょう。

母子手帳をまだもらっていない人はどうする?

妊娠はしているのだろうが、まだ母子手帳をもらうまでの時期に達していない方もいるのではないでしょうか?

一般的に妊娠5週目といったら、

最後の生理から1週間ほど遅れている

といったところの感覚だと思います。

妊娠届を出すと同時に母子手帳をもらえる可能性が高いので、早めに診察してもらって市町村のしての場所に提出することがオススメです。

妊娠届は市町村の子育てHPでダウンロードできる場合もあるよ!

妊娠中に布マスクが配布される場所は?

厚生労働省ではマスクの配布場所ha

  • 保健センター
  • 子育て世代包括支援センター

こちらのようです。

各県の保健センターについては、市町村のHPを確認するまたは、市役所に電話で聞くのが良いでしょう。

さらに『郵送』とのニュースもありましたので、すでに妊娠されている方に関しては郵送の手段で配布されるのでしょうが、市町村に配布方法は委ねられているのかもしれませんね。

まとめ

この記事では妊婦さんに月2枚の布マスクが配布されると言うことでどのタイミングで配布されるのかどの場所で配布されるのか等についてまとめてみました。

不安の多い時期を過ごしている方もきっと多いでしょうね。

マスクをもらって少しでも体を守れるように日々、衛生面に気をつけていきたいですね!

-生活

Copyright© YUMEMIRU , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.