エンタメ

織田信成会見『そんなことで』と言った記者は誰?批判が殺到!

関西大学のアイススケート監督として就任した織田信成さんが7月ごろからリンクに行けず疲労してしまった件。

11月18日にクラッシャーとも呼ばれる濱田美栄コーチに無視や陰口を言われ弁護士 (服部 真尚氏)とともにモラハラを原因に離職したことを提訴しましたね…

その時の会見は疲れ切った表情で見ているこっちが悲しくなりました。

いつも明るいイメージの織田さんに会見記者からの『そんなことで』は誰が言ったのか調査しました。

織田信成1100万円の賠償請求は高い?妥当?濱田美栄の経済力とは?

織田信成モラハラ会見は涙と鼻水に心が痛む

織田さんの表情はいつもと違く、疲れ切ったような感じでした。

もともと、涙を流しやすい心の優しい方であることから、相当この件に悩まれ、沢山涙を流されたんじゃないでしょうか…

すこしお顔もはれぼったく見えますし、泣いて目などが腫れてしまっているのかもしれません。

織田信成に『そんなことで』と質問した記者は誰?

会見の中で以下のように織田さんに質問した記者に注目が集まっています。

「資料等を拝見しているとハラスメントの内容が、無視したとか陰口を言われたとかいうふうな事があるんですけど」

「我々普通の感覚で資料だけを読むと、それだけの事と感じてしまう人がいると思うんですけど、具体的な人格否定されるなどあったんでしょうか?」

「額がですね、1100万円というのにビックリしたんですけど、このあたりは御本人どういう風に思ってらっしゃいます?」

生会見というところもあって、正直すぎるというか

世間のいろいろな思いを代弁しながらの質問だったとは思うのですが、

見たからにに疲弊しきった織田さんへの質問としては、厳しいものがあり

世間からの反応は良いものではありませんでした…

この会見では『誰が悪いか』よりは、織田さんがかわいそう…というところに注目が集まった気がします。

この内容を質問した記者に関してははっきりとはわかっていません。

記者の『そんなことで』の発言に世間の反応は?

発言した記者へに嫌悪を抱いている人も多いですし、自身の経験からも織田さんの気持ちに共感している方が多いなと感じました。

今や社会的にモラハラって許される行為ではなくなっていて、世間がとても敏感になっているのが分かります。

濱田コーチの個性にしろ、指導の厳しさにしろ、織田さんが辛かったことに変わりはないですよね…

まとめ

この記事では織田信成さんのモラハラ会見による記者からの『そんなことで』という言葉を注視する世間の反応を中心に調査しました。

提訴の行く末はまだだれにもわかりませんが、織田さんの精神状態や身体の疲労が1日でも早く回復して、

また笑顔の織田さんの活躍が見られることを期待しています。

⬇︎人気記事

フジモンとユッキーナに離婚の可能性はありえる?夫婦共倒れのピンチの行方は?

-エンタメ

Copyright© YUMEMIRU , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.