育児

【冬の出産準備】授乳パジャマは必要ない!腹巻パンツで対策を!

2019-10-20

秋から冬にかけて、出産を控えていらっしゃるママたちに立ちはだかるのは厳しい寒さですよね!

私も9月に出産し、その後は厳しい冬と闘いながら頑張ったのを覚えています・・・

授乳を頻繁に行う時期に丁度寒い時期がやってくる…あったかな布団を抜け出しての授乳はままの本当に辛いんです!

そんなことを知らずにのほほんと出産準備していたのでこれまでの経験をもとに、どんなパジャマやその他のアイテムがあればいいのかお伝えしていこうと思います!

冬の授乳パジャマがいらない理由を解説

授乳パジャマがいらない理由は…

  • 授乳部分から入ってくる風が寒い
  • 寝ているうちに授乳部分のスナップが外れている(起きたら丸出し)
  • 洗濯を重ねるとヨレて、さらに隙間風が入ってくる

こんな風に、冬に寒い思いをしながら授乳をしなくてはなりません。

確かに授乳口のある衣類は便利です。

肌が見えないように布を重ねるなど工夫をしている商品も沢山ありますが、布団の中ではそこまで関係ないですよね。

結局、最初に買った授乳パジャマは使わず、普段着ているような前開きのあったかいパジャマの方が活躍したのです。

出産準備の買い物によくある落とし穴

とくに第一子の方に起こりがちなミス。

すぐ先にじいちゃん、ばあちゃんになろうとする父母が張り切って準備の手伝いをしてくれるパターンは少なくありません。

その時に『西松屋』や『赤ちゃん本舗』などのリーズナブルな店で授乳パジャマを調達するならまだしも、デパートや有名ベビー用品店(商品価格が高めのショップ)で購入しようとしていたなら要注意!

お金を出してもらったのにも関わらず、使わなかった…

という申し訳なさの波が到来します。

このような店のスタッフは非常に丁寧で、巧みな話術で商品の購入に誘いますが、まずは本当に必要なものだけ見るようした方がいいです。

スタッフはプロなので、これが欲しい人にはアレもオススメできるというマーケティング技術をしっかり持ち合わせています

冬の授乳に必要なのは前開きパジャマと腹巻パンツ

私のオススメパジャマの条件は…

  • 前開きであること
  • 厚手の素材であること
  • ズボンがセットになっている事(ワンピースはかわいくてもNG)
  • ズボンのすそがしまっている事(できれば)

とにかく寒い中何度も夜中に起きては授乳を繰り返す日々は到来します。(ミルクなら話は違ってきますが…)そして高い授乳パジャマを購入したとて、人に見られる期間は産後の入院のわずか5日程度。

そのあとは実家、または自宅の夜中にひっそりと着用するだけです。

そんな中私の使っていた本当にあったかくて手触りの良かったパジャマは『ナルエー』

シッカリした作りなので本当に長く使えます。百貨店などでも取り扱いのある商品です。

それに加えてゲットした方がいいものは…

 腹巻つきのあったかパンツです。

きっと、授乳ブラを着けて寝る人が多いと思います。

しかし胸から下は生身の肌で寒い状態になるので、腹巻もいいんですが、どうせならお尻の方までぬくぬくの方がいいですよね。

腹巻パンツがオススメ!

これは私が長く愛用したワコールのあったか腹巻パンツで、いまでも現役で活躍しています。

寝るときもいいですが、日中も暖かいのでおすすめですよ!

まとめ

お腹の中でずっと一緒に行動してきた赤ちゃんにやっと会える!とワクワクしながら、色々揃えるのは本当に楽しいです。

しかし、結構使わなかった…というアイテムが沢山あったことに少しショックでした。

それなりに出費の続くベビー用品や出産準備用品。

これから、沢山そろえて行かなくてはいけないな~と思ってみてくれている方にこの記事が少しでも参考になり、本当に使いやすくていいものを選んでほしいと思います。

-育児

Copyright© YUMEMIRU , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.