美容

ポリジェルがすぐ取れる解決案!セルフネイル

ポリジェルで簡単に長さだしや好みのカラーで綺麗なネイルができますよね!でもせっかく付けたポリジェルがすぐに取れて困っていませんか?

私も実はポリジェルがすぐに取れて困っていたのですが、以下の様な方法で解決しましたので困っている方には是非読んでほしいと思います^^

ポリジェルがすぐ取れる原因と試して欲しい方法

ポリジェルをせっかくつけたのにすぐ取れてしまうと言う人にはこのような原因が考えられます!

  1. 下準備がおろそかになっている
  2. ポリジェルの硬化が足りない
  3. ポリジェルのチップが合っていない

私もポリジェルをせっかくつけたのにすぐ取れてしまい、いつももったいないなぁと感じていました。

こちらの方法を試していただくことでコスモポリジェルを長く保つことができますので以下で詳しく説明していきます。

下準備をしっかりする

私はセルフネイルなので、風呂ほどしっかりした準備ができていないですが、少し丁寧にすることでポリジェルの持ちが良くなりました持ちが良くなりました。

私がやった方法は

  1. アルコールで爪の余分を除去する
  2. 爪にファイルで傷をつける
  3. セリアのベースコートを塗る
  4. ポリジェルをつけていく

このような手順を使いました。

よくいろいろなサイトにも書いてありますが、爪の油分を取るのはすごく大事だと思います。

爪に油分が残っていると、ポリジェルと爪の間に小さな隙間ができやすいので、完全に密着させたいところです。

寒い季節はハンドクリームなどなりがちなので、特に気をつけたいですよね!

ポリジェルの硬化が足りない

実はポリジェルは固まったと思っても、固まっていない場合があります。

この場合も、ポリジェルがすぐ取れる原因になります。

その時の判断基準ですが、チップを探した時に簡単にベリット取れれば、ある程度固まっています。

しかしペリペリペリとゆっくり取れるような感じだと、硬化しきってない可能性が高いです。

チップを取ろうとして、パリッと外れない場合は、硬化を続けてみてください!

ジェルによっては、何秒ライトを照射するか時間が書かれていますが、基本的にその2倍ぐらい硬化した方が効果があります!

平爪でチップが爪に合っていない

ポリジェルのチップが爪の形にフィットしていない場合も、ポリジェルが取れやすい原因になります。

ポリジェルのチップは、爪の両端に覆い被さる位の大きさがちょうどいいです。

特に平爪の方はチップが合ってない可能性がありますよ!

ポリジェルの専用チップのサイズが合わない場合、サイドの余分な部分はヤスリで削りますよね(^^)

それでも、爪とチップの間がかなり空いてしまって、ポリジェルをもらわないと隙間が埋まらない…

私もそうでした。

堀ジェルをかなりもらっないとつめに密着しない場合、同時に効果時間も長くかかります。

上でも記載しましたが、多くのポリジェルを使いさらに硬化しきってない場合はかなり取れやすくなります。

もし、平爪でポリジェルをかなり盛っている場合、クリップなどで抑えるよりも、平たい爪用のチップを購入することをお勧めします。 

私はこちらのチップを使用して、ポリジェルが取れにくくなりました!

まとめ

-美容
-,