ニュース

埼玉の飲酒運転の女への刑罰は?【飯能市原市場|無車検無保険無職】

ニュース
この記事は約2分で読めます。

2018年10月埼玉県飯能市の県道で、無車検、無保険の車を酒気帯びの状態かつ法定速度の3倍以上の速度で運転し、

女性をはねて死亡させた事件の、初公判が7月5日にさいたま地裁(北村和裁判長)で開かれました。

自動車運転処罰法違反(危険運転致死)や道路運送車両法違反などの罪に問われた、

飯能市原市場の無職(48歳)の女は「間違いありません」と起訴内容を認めています。

そこで今回は、飲酒運転の女への刑罰についてまとめていきます。

飲酒運転の女への怒りの口コミ

加害者への怒りと実名報道されないマスコミへの批判の声があります。

遺族への保証は?政府の保障事業

政府保障事業について(ひき逃げ・無保険事故の被害者の救済)
政府保障事業は、自動車損害賠償保障法に基づき、自賠責保険(共済)の対象とならない「ひき逃げ事故」や「無保険(共済)事故」にあわれた被害者に対し、法定限度額の範囲内で、健康保険や労災保険等の他の社会保険の給付(他法令給付)や本来の損害賠償責任者の支払によっても、なお被害者に損害が残る場合に、最終的な救済措置として、政府(国土交通省)がその損害をてん補する制度です。

国土交通省

猛スピード飲酒運転の女への刑罰は?

引用元:オリコン自動車保険
引用元:オリコン自動車保険

今回の猛スピード飲酒運転の女への刑罰は、懲役10以上になるのでしょうか?

YUMEMIRU
タイトルとURLをコピーしました