エンタメ

【画像】酒井莉加はタトゥーと坊主に後悔!文字の本当の意味と理由とは?

パンクロック

立川志らくさんの奥さんの『酒井莉加』さんのタトゥーがやばいと話題になっています!

娘さんも二人いますし、タトゥーを入れたことによる弊害や入れた後での気持ちの変化などはなかったのでしょうか?

気になりますよね!温泉とか、その他の公共施設とか…

志らくさんはタトゥーを入れることについてどんな反応だったのかも気になりますので調査です!

志らく嫁の酒井莉加はタトゥーを入れたことに後悔している

https://www.instagram.com/p/Byg88NXAz5r/

酒井莉加さんの体のいろんなところに入れられているタトゥーが激しめで気になる方もいるでしょうね!

しかしですね…実は酒井莉加さんですが、

そんなタトゥーを入れてしまったことについて後悔されているんです…やはり二人のお嬢さんを育ててらっしゃいますし、制限なども多いのかな?

なんて思ったりもしますね!

そんな後悔している酒井莉加さんのコメントがこちら!

https://twitter.com/rika2626/status/1094783995840159744?s=20

そして坊主にも後悔?というか『オススメできない』としています。

その前にそれをする勇気がありません…

https://www.instagram.com/p/B4v4vgsgbJi/

衝撃的ですが、

やはり、お風呂やプールに行けないことを悔やんでいるようですね。

ちなみに上のツイートの入園拒否になった遊園地とは『豊島園』のようでした。

バンドエイドをたくさん貼って対応していたそうですよ!

現在、娘さんは6歳と2歳のようなので、本当にそれらのアミューズメントとして楽しいものですよね。

https://www.instagram.com/p/Byg88NXAz5r/

とても可愛いですよね!

次女ちゃんの髪がずっと短いのが個人的にとても可愛いです!

長くなったらまた『お嬢さん』になって可愛くなるんだろうな!

ちなみに次女さんのイラスト的な画像がありましたが、目が大きくて酒井莉加さんにとてもよく似ていると思いました!

志らくパパはメロメロでしょう!
https://www.instagram.com/p/Byg88NXAz5r/

酒井莉加のタトゥーの画像と入れた時期と本当の意味は?

酒井莉加さんのタトゥーは20代のバンドをしていた時期にされたようです。

2020年現在で酒井さんは38歳なので最低でも10年以上前からタトゥーをされていたんでしょうね!

立川志らくさんと結婚したのが2006年ですから、結婚前からもしかしたら入っていたのかもしれませんね。

志らくさんもそれを知って交際していたとしたら、見た目より強い絆で結ばれているようで素敵です!

現在のツイッターでも自身以外のバンどの活動などをツイートされている時も多く、今でも関心があるようでした。

こちらが20代にバンドをしていたことを振り返るコメントです!

そして酒井莉加さんの体に入っているタトゥーの画像はこちらです!

https://twitter.com/rika2626/status/824504022929268736?s=20

この画像はタトゥーを見せたくて投稿されたものではなく、

『ネイル変えましたよ〜』という内容の投稿です。

しかし、やっぱりタトゥーの方に目がいってしまいますね!

この画像に書かれている文章ですが

Too fast to live, too young to die

直訳すると

『生きるには早すぎ、死ぬには若すぎる』ということのようですが、

意味わかりませんね!

哲学すぎます!!!

しかし、この文章自体に意味はないのかもしれません。

パンクロック界では有名なフレーズなんだそうですが、

酒井莉加さんが好きな洋服ブランド『ヴィヴィアンウエストウッド』

1972年に出店していたショップ名だったようです。

これが20代のパンクロックに魅了された酒井莉加さんが

このToo fast to live, too young to die.をチョイスした理由なのでは??

と考えられます。

まとめ

酒井莉加さんのタトゥーについて調査してみました。

現在はお母さんで、タトゥーを入れたことに後悔もされているようですが、当時の思い入れのようなものも同時に感じ取れました!

そして、志らくさんとの関係もあったかいものが見れて、ほっこりしました!

-エンタメ

Copyright© YUMEMIRU , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.