マンガ・アニメ

進撃の巨人が完結後のマンガ続編の可能性は?最終話にヒントはあったの?

圧倒的な力を持ち、人間の生を脅かす巨人とそれに対抗する人間の姿を描いた進撃の巨人。

生き物の黒い面が見える、ダークファンタジー漫画として2009年から『別冊少年マガジン』にて連載を開始し、

12年を経た現在でもなお、多くのファンを生み出し続けています。

その人気は留まるところを知らず、海外にも進撃の巨人旋風を巻き起こしているようです。

そんな進撃の巨人が、先日長年の連載を終えてエンディングを迎えました。完結に対するTwitterでのファンからの反応や完結後の続編の可能性はあるのかを調査しました。

進撃の巨人が完結!結末に泣いた人続出

進撃の巨人が簡潔し、長い人間と巨人の戦いの結末に感動した方が多かったようです

反応はこんなかんじ

  • 進撃の巨人の完結に対する、Twitterでの反応はどのようになっているのでしょうか。実際のツイートを参考に、実態を探ってみましょう。
  • "昨夜の自分「進撃の巨人完結か…。最後は本当に泣けました。諫山先生、バックさん、関係者の方々、お疲れさまでした😢」
  • 今日の自分「そんなの嫌だ!進撃の巨人が終わるなんて…!一生進撃だけを描いてほしい!139話のあともしばらく…10年以上は続きを描いてほしい!!😢」"
  • "進撃の巨人が原作終了ですね・・・
  • 諫山先生、長い間お疲れ様でした👏👏
  • 楽しませていただきました🙇‍♂️"
  • "諫山先生11年間お疲れ様でした。
  • アニメからハマりコミック全巻買う程大好きな作品になりました。
  • 友人とこれからどういう風になるのかなぁ?と、考察するのが楽しかったです^ ^
  • 最終話泣いてしまいました。本当に長い間ありがとうございました‼︎"

Twitterでは最終話に感動した、涙が止まらなかったといったツイートが相次いでいました。

長年の連載で築き上げられてきたファンの進撃の巨人への想いは、とてもツイートだけでは綴れないものだということが文面からひしひしと伝わってきました。

作者である諫山創先生への感謝のツイートも後を絶たないようです。

進撃の巨人のアニメを見る

しかし、その一方で

"10年代を席巻した漫画が完結したのにいまいち盛り上がらない。結局エレンレクイエムだったか。みんなそれを超えるあっと驚くラストを期待していたのに。ハルキゲニアを出した意味はあったのか?これが諌山の限界か。"

"進撃の巨人、何ともつまらない幕切れだったな。ガッカリだ。"

などの酷評も寄せられています。

超大作なだけあって、内容の濃さから途中で話についていけなくなってしまったとの声もありました。

どの作品にも酷評はつきものなので、感じ方はそれぞれなのでしょう。

ちなみに、アニメ版進撃の巨人で各キャラクターを演じた声優たちもTwitter上で進撃の巨人最終話に際して、

コメントを出しています。

進撃の巨人のアニメを見る

気になりますよね!

"諫山創先生。 漫画「進撃の巨人」を生み出してくださり、ありがとうございました。 素敵な作品を、ありがとうございました。 アニメ「進撃の巨人」に心臓を捧げ、エレン・イェーガーを演じ抜きます。 オレたちの戦いはこれからだ。"(by エレン役 梶裕貴

"2021年4月9日。進撃の巨人最終話。先生こんなに素晴らしい作品をありがとうございます…。私はハンジ ゾエが堪らなく愛しくて仕方ないです。ハンジに出逢えて最高です…。ひゃっほぉぉおおお~!最後の最後まで心臓を捧げます。"(by ハンジ役 朴璐美

お二方とも自身の演じたキャラクターに愛着を持っていることがよく伝わってきました。

アニメの方は、まだ最終話を迎えていないので今後の展開に期待が高まりますね。

続編が制作される可能性は?

実は、Twitterの反応を調べるうちに、いくつか気になるものがありました。

"美しい最終回でありながらエレンやミカサの「戦わなければ勝てない」のあのセリフを次の戦争へのキャッチフレーズとして使う地獄への気配りも忘れない構成、脱帽です"

"進撃の巨人の最終話って用はここからまた人々の戦争が始まるってことだよな。

ハッピーエンドなのかバッドエンドなのかわからんな。"

"次の戦争"や"ここからまた人々の戦争が始まる"など、どれも今後の続編が期待されるかのような表現ですね。

もしかすると、今後はスピンオフ作品として進撃の巨人の未来作品が描かれることが、あるのかもしれません。

山田孝之さんの出演作を見てみる

まだ、公式からの発表はないようなので、待ち遠しいばかりです。

続編が噂されている理由

続編が噂されるのにはTwitter上でのファンの反応以外にも理由があるんです。

それは、多くの長編漫画が最終話を迎えた後に続編作品を公開しているためです。

本編の方では、

  • スポットライトの当たらなかったサブキャラクターに焦点を当てたストーリーや
  • 未来編を描くストーリー、過去編を描くストーリー

など様々な形での続編を出す漫画が多くあります。

海外では、日本の漫画の代表作とも言われているNARUTOも、一時期はエンディングを迎えるのかと危惧されていましたが、その息子の世代という新たな設定での続編が出されています。

進撃の巨人でも本編は終わってしまいましたが、アナザーストーリーとしての続編が期待されます。

まとめ

今回は、世界的に大人気を博している進撃の巨人の最終話について紹介しました。

Twitterの話題ランキングにも「進撃の巨人」のワードがランクインしていたので、根強いファン以外に、新たなファンも増えているようです。

Twitter上での評価や続編への期待の声からは、今後も進撃の巨人ブームは続くことが予想されます。

まだ、進撃の巨人を読んだことがない・見たことがない方は今からでもまだ、間に合います!

多くの人を魅了し続けている進撃の巨人の世界を是非、体感してみて下さいね。

-マンガ・アニメ