ニュース

田口翔容疑者のメガバンク(宇部市店)はどこ「口座凍結できなかった」山口銀行

ニュース
この記事は約6分で読めます。

田口翔容疑者の4,630万円が、後創建された口座がメガバンクの宇部支店だったことがわかっています。どこのメガバンクだったのでしょうか。口座凍結できなかったことで、預金を動かすことが阻止できなかったとも言われています。

しかし、そんな簡単に顧客の情報を漏らしたり、口座を凍結できたりしたら、信用問題に関わってきますよね。

メガバンクとしては正しい対応したと言うことで、顧客の預金を守ったと言う事ですが、それが結果的に有節の市民の税金を奪ってしまったと言うことになってしまっています。

かなり複雑ですよね。

▶︎田口翔容疑者「自己破産しても最悪な今後」税金から逃げられないか

▶︎田口翔容疑者の移住(山口県阿武市)は計画的で入れ知恵か?4630万円誤送金で逮捕

田口翔容疑者のメガバンクの口座はUS J三菱銀行か

田口翔容疑者が保有していたメガバンクの講座はUSJ三菱銀行かとも言われています。

情報に信憑性は無いので、ご注意ください。

ネット等では、田口翔容疑者が保有していた銀行口座がメガバンクと言うことに注目が集まっています。

宇部支店にあたるメガバンクはどこなのか調べてみました。

一般的にメガバンクと言われるのはこの銀行です。

  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行

さらに、この3つの銀行をなぜメガバンクと呼ぶのかと言う理由ですが簡単に言うとこのような理由です。

【営業範囲が全国に及ぶ規模の大きい銀行】

と言う事ですね。

容疑者が使っており、田口翔容疑者が使っており、4630万円が振り込まれたのがこのメガバンクだったことにより、わりと早く田口翔容疑者にたどり着いたと言うことです。

こんかいの誤送金の北山口県で主に使われているのは山口銀行と言うことです。

地方の名前を使った、代表的な銀行ですよね。

銀行といっても、お客様の大事なお金を預かっているわけなので、役所の都合で、すぐにそのお金をどうこうと動かせるわけがないのは当たり前です。

結果的に、その時差が起因して田口翔容疑者はお金を全て動かし、逮捕されてしまいました。

メガバンクに責任があると言う事は言えません。

しかし、

  1. 容疑者にすぐにたどり着いてしまったこと
  2. 処理までに時間がかかったこと

結局はこの2つで、事柄がややこしくなり逮捕者が出てしまうと言うことになってしまいました。

ちょっと同情する部分もありますね。

なぜ田口翔容疑者のメガバンクに振り込まれた?理由を調査!

山口県安部司が誤って、お金を振り込んだ相手が田口翔容疑者だった理由は何なのでしょうか。

理由はここにもメガバンクが絡んできているようです。

ニュースサイトなどによるとこのようにまとめられています。

  • 田口翔容疑者の振込先がメガバンクだった
  • メガバンクはリストの上のほうに来る

このようなことが挙げられるそうです。

たまたま、4630万円が振り込まれるリストの上位に、田口翔容疑者の名前があったと言う事ですね。

リストの並びは、上の方がメガバンクその下に地方銀行や信用金庫が並んで行くそうです。

たまたまメガバンクお振り込み先に指定していた、田口翔容疑者に振り込まれてしまったと言う事ですね。

しかも、振り込まれた相手が悪かったと言うこと。

田口翔容疑者がメガバンクを使用していた理由

田口翔容疑者はなぜメガバンクを使用し、振込先も指定していたのでしょうか。

メガバンクを使うメリットは何なのでしょう。

  • 全国で使うことができる
  • 単純に信用力が高い
  • 海外でも使用することができる
  • 金利等の関係

やはり、田口翔容疑者は、メガバンクの信用力の高さや、全国で使うことができるかっての良さからメガバンクを使用していたと考えられます。

山口県に移住する前は、大阪に住んでいたとの情報もありますので、都市部から地方に移住すれば使い勝手の悪さもあったでしょう。

これからも、どこかの地に移住することも念頭に入れメガバンクを常に使用していた可能性がありそうです。

ちなみに、メガバンクは誰でも口座を持ってるので、田口翔容疑者がなぜメガバンクを持てるのかと言う事とは関係がないようです。

さらに、地方銀行は倒産等ピンチの可能性もあります。しかしメガバンクは、そんな簡単に潰れるわけにはいきません。

金利も、地方銀行に比べ高い場合もあります。

田口翔容疑者の性格が、お金に細かい部分もあったと言うことから、メガバンクを使用していた可能性は大いにありそうです。

他の町民は誰もメガバンクを振り込み先に指定していなかった?

田口翔容疑者がメガバンクを給付金の振り込み先に指定していたと言う事はわかりましたが、その他の市民たちは誰もメガバンクお振り込み先にしてしていなかったのでしょうか。

他の人が、メガバンクを振込先に指定していたならば、田口翔容疑者に4630万円が振り込まれることを阻止できたかもしれませんよね。

もし、他の人に振り込まれていたとしたら、快く変換してくれる場合もあったのではないでしょうか。

容疑者が、振込先に指定していたと思われる三菱UFJ銀行ですが、銀行コードが関係していると予想する人もいます。

そこで、メガバンクの銀行コードを調査してみたところこのような結果になりました。

  • みずほ銀行 0001
  • 三菱UFJ銀行 0005

ということです。

容疑者が有していたメガバンクの銀行口座は宇部支店のものと言う事だったので、宇部支店に銀行があるのは三菱UFJ銀行だと予想する人がいました。

そして、振り込みリストは銀行コード順に並んでいたと言う事ですから、みずほ銀行に振り込み先を指定している市民はいなかったと考えるのが普通ではないでしょうか。

このことから、田口翔容疑者以外の市民たちが、メガバンクを使っていなかったと言うわけではない可能性があります。

YUMEMIRU
タイトルとURLをコピーしました