ニュース

田口翔容疑者「自己破産しても最悪な今後」税金から逃げられないか

ニュース
この記事は約3分で読めます。

山口県網干で4630万円の誤送金の事件に関し逮捕された田口翔容疑者。(たぐちしょう)ネット等では自己破産をするのではとも言われていますが、結局は贈与税などの税金からは逃げられないと言うこと。

田口翔容疑者が、逮捕されてしまいましたが、釈放または有罪判決を受け刑期を終えて出てきたとしても最悪な今後が待っているのではないかと予想が後をたちません。

田口翔容疑者は自己破産をするのか

田口翔容疑者は自己破産をする可能性はあるのでしょうか。

現在、ネットカジノなどにより、4630万円については使ってしまった後と言うこと。預金の残高には残っていないと言うことです。

では、田口翔容疑者は今後どうするか2つの選択肢があるようです。

  • 自己破産をする
  • へずまりゅうに助けてもらう

返済能力がないので自己破産をすることで、返済と言う義務からは逃れられそうですね。しかし、4630万円を得た事による贈与税が発生するようです。

結局、間が返済を求めているのは5000万円以上となっています。

一方、本炎上ユーチューバーでも有名なへずまりゅうさんが、Twitterで自分が肩代わりしてやると言うようなツイートをしました。それがこちら

全部で返済金額が5000万円以上になっているので、その差額はどうなるかについては分かりませんが、とりあえず4630万円については肩代わりしてくれる可能性があるようです。

しかし、逮捕されている田口翔容疑者に、Twitterにアクセスする手段があるのかないのかと言う事はわかっていません。

これには、田口翔容疑者の友人であるのかこのような形がDM代等とアドバイスもしています。

このように、へずまりゅうさんの声が届いていない場合、自己破産をする可能性は1つの選択肢としてありそうですね。

しかし、肩代わりしてもらったとして4630万円の返済をすると言うことに変わりは無いです。

肩代わりしてもらったお金を律儀に毎月でも毎年でもまとまったお金で返していけるかによって、田口翔容疑者の人間性がさらに問われることになるでしょう。

田口翔容疑者は税金からは逃げられない

田口翔容疑者はネト彼の地のでなくしてしまった4630万円以外に残り500万円ほど返済しなくてはいけません。

この残りの差額の500万円については弁護士費用等についてだそうです。

現在このことについて提訴中と言うことなので、本当に5000万円を返済する日と言う事は現在では言日的では無いような気もします。

そこに返済義務が生じるのは税金です

4,630不正に得たお金だとしてもそこには贈与税と言うものがかかってくるようです。

贈与税は一般的に45%ほどかかるようです。ここから計算すると約2000万円ほどが税金に当たるように思います

が、

一方では3000万円を超える贈与になると55%も贈与税がかかってしまうと言うツイートもあります。

贈与税が高いと言うことが、すごくよくわかりますね。

国は、容疑者からすべてをのお金を回収することはできるのでしょうか。現実的には不可能なような気もしてきますね。

YUMEMIRU
タイトルとURLをコピーしました