ニュース

田口翔容疑者の決済代行業者はどこ「デポジット後で引き出す予定」阿武町4630万円誤送金

ニュース
この記事は約4分で読めます。

田口翔容疑者の利用した決済代行業者の会社名が痛いどこだったのか気になりますね。1部ではマネロン疑惑も浮上しています。マネロン疑惑とは一体何なんでしょうか

決済代行業者は3社利用されていたようで、そのうちの1社から、3500万円が阿武町に直接変換されたと言うことです。

▶︎田口翔の弁護士が怪しい「YouTubeに転身で返金か」阿武町4630万円誤送金

▶︎田口翔容疑者のメガバンク(宇部市店)はどこ「口座凍結できなかった」山口銀行

▶︎田口翔容疑者「自己破産しても最悪な今後」税金から逃げられないか

田口翔容疑者の利用した決済代行業社の会社名は【3500万円返還】

田口翔容疑者は、4つの決済代行業者を利用していたと言うことです。会社名はどこだったのでしょうか。

決済代行業者の情報まとめると

  • 田口翔業者が利用していた決済代行業は3社
  • 3社のうち1社が3500万円余りを返還
  • 変換されたのは5月20日
  • 3社はそれぞれネットカジノと取引があった

現在、3500万円が阿武町に返還されたと言うことです。

残りが1000万円以上あるとしても、3500万円の返還は大きいといえますよね。阿武町の役所の人たちも少しは安心しているのではないでしょうか。

変換のあった決済代行業者は田口翔容疑者が主に利用していたものと思われます。

前金額の8割程度預けていたと言うことです。

田口容疑者は、誤送金された金のほとんどを決済代行業者3社に出金。関係者によると、返還したのはそのうち約8割の出金が集中していた業者とみられる。

Yahoo!ニュースより

現在の情報では、決済代行業者がどこの会社なのかは不明ですが、分かり次第追記していきたいと思います。

田口翔容疑者は決済代行業者にプール、後日引き出す予定だったか

田口翔容疑者は決済代行業者に、4630万円の8割型を預け、出所後に引き出す予定だったのではないかと言う声もあります。

供述等では、4630万円はカジノで全てなくしたと、話しているようですが、決済代行会社に一時的に預けていたと言う解釈にもなりそうです。

すでにないお金は回収できないので、出所後に給料の差し押さえ等で回収していくと思われますが、実はそこで引き出せるお金が3500万円以上あればしばらくは暮らせますよね。

もしこのようなシナリオを描いていたとしたら、田口翔容疑者には少し感心してしまいます。

よくこんなことが思いつくなと言う感じです。

決済代行会社は自主的に3500万円を返還したか【デポジットしてただけ?】

田口翔容疑者の3500万円をデポジットとして預かっていたと思われる決済代行外車は自主的に阿武町に変換したのでしょうか

現在ニュースサイトでも、どのような形があって3500万円が変換されたのかについては記載がありません。

自主的に、善意を持って変換されたのならば、とても誠意のある会社ですよね。

ところで、デポジットとは…

デポジットとは、「預かり金」や「保証金」のことです。 例えば、交通系ICカードを発行する際に、交通費のチャージとは別に500円分をあらかじめ預け入れることがあります。 この500円は、ICカードの払い戻しをする際に返却されます。 こうした、一時的な預かり金のことをデポジットというのです。

https://www.cr.mufg.jp/mycard/knowledge/21071/index.html

このデポジットしていただけると思われるお金を自主的に決済代行会社が変換したかと言うところが気になりますね。

1部では、決済代行会社のガサ入れを防ぐために、自主的に変換したのではないかとも言われています。

変換されたことで、阿武町の役所などは少し心配が軽減されたと思いますし、阿武町の人々もほっとしたことと思います。

このように、決済代行会社に注目が集まってしまうのも、田口翔容疑者が嘘をついてしまったことに起因しそうです。

YUMEMIRU
タイトルとURLをコピーしました