エンタメ

カンニング竹山|4.7億円発言に本人の謝罪はあったのか?アッコにおまかせ!

3月28日に放送された、『アッコにおまかせ!』の番組内でコメンテーターとして出演されていた、カンニング竹山さんはとが閃z伝用に作った動画の製作費などを間違って発言し、

都から抗議文が送られていたというニュースについてですが、世間では

  • カンニング竹山さんから自身の言葉での謝罪はあったのか?

というところが気になっている様子です。

事実をもとに調査してみました。

カンニング竹山本人は謝罪していた!

問題となった3月28日の『アッコにおまかせ!』の番組内で

カンニング竹山さんは自身の言葉で謝罪していました。

多くのニュースサイトでは、番組の最後に男性アナウンサーから謝罪があったとだけ書いているものが多いですが

こちらをご覧ください。

きっかけは、3月28日放送の生放送番組「アッコにおまかせ!」(TBS系)で、竹山が広報用ユーチューブの制作に税金を「4.7億円を注ぎ込んだ」と都を猛烈に批判したこと。その後、竹山はすぐに自身の発言の誤りに気付き、「4.7億円は動画制作費ではなく、広告費全体の経費であった」と訂正。「すみません」と放送内に謝罪した。

Yahoo!ニュース

このお湯に『日刊ゲンダイデジタル』は報じています。

まとめると

  • 番組内でカンニング竹山さんが誤ったコメントをした際にすぐに本人が謝罪した
  • 番組の最後に男性アナウンサーが再度謝罪した

このようにみなさんが問題している『本人が謝ったかどうか?』

については『本人が謝罪』をしています。

Twitterでこの日の放送をみていた人の投稿がこちら。

ちなみに、番組の最後にアナウンサーからの謝罪はこのようにあったようです。

先週の放送で新型コロナウイルスに関する東京都の啓発用YouTube動画について、出演者から1本当たりの制作費が4.7億円であるとの発言がありました。正しくは去年5月から8月に作られた知事とタレントとの対談形式などによる8本の動画の制作費が1800万円でした。番組をご覧いただいている皆様に誤った情報をお伝えしたことをおわび申し上げます。

Yahoo!ニュース

炎上しているのは謝っていないから?

Twitterなどで、カンニング竹山さんに自身の言葉で謝罪したほうがいい!

と投稿している方が大勢いるようですが、謝罪に関してはカンニング竹山さんの言葉でなさっているようです。

しかも番組の最後にアナウンサーが改めて謝罪をされていました。

なのに

翌日29日の都から抗議文が送られてしまうハメに…

この要因として考えられるのが

  • その場面だけを見て1本の動画に4億円以上も使われている

という誤認が広まってしまうことが問題視されたのでは?と思います。

都への講義の電話なども殺到したかもしれませんし、小池都知事への反感も大きくなった可能性があると言えます。

しかしながら反対に、擁護の声もあるようです。

カンニング竹山は今後どうなるのか?

カンニング竹山さんは別の機会のこのことについて改めて謝罪をする可能性もあるとのことです。

こちらのニュースサイトでこう書かれてありました。

「竹山さんは今後、何かしらの機会に改めて謝罪、訂正する方向になっているようだ。小池知事の側近が水面下で動き、話をつけたとみられています」(都政関係者)

Yahoo!ニュース

タレントへの抗議文は異例なようですが、カンニング竹山さんが行政などについても

ビシバシ自身の見解を発言していることから、目をつけられてしまったのかという声もありました。

今後の謝罪があるとしてもまだスケジュールやどのような形になるのかはわかっていません。

まとめ・カンニング竹山は謝罪ずみ

3月28日に放送された『アッコにおまかせ!』にて、都の製作した動画の広告費用についてカンニング竹山さんの発言が間違っていたことに関して、

本人の口から謝罪があったのか?ということについてまとめてきましたが、

カンニング竹山さんは同番組内ですぐに謝罪をされていたそうです。

今後の動きも気になるところですが、テレビから干されませんように!!!

-エンタメ
-,