ニュース

テレワークデイズ2021とは!不満爆発で支援や補助金の有無を調査

総務省から6月10一日に発表された、テレワークデイズ2021の内容がやばいと言うことで、不満が爆発しています。

しかし、一体どのような内容なのかはっきりしてこないので調査していきたいと思います。

\\この記事でわかること //

  • テレワークデイズ2021とは何か
  • テレワークデイズ2021の期間
  • テレワークデイズ2021の理由
  • テレワークデイズ2021への声

このような内容でまとめていきたいと思います。

テレワークデイズ2021の目的とは

https://twitter.com/tbs_news/status/1403218847591657473?s=20

テレワークデイズ2021とは総務省が2021年6月11日に発表した内容となります

公式のホームページにはこう書かれてありました

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催期間中は、選手、関係者等の移動も発生することから、人と人との接触機会の抑制や交通混雑の緩和を通じて安全・安心な大会を実現するため、7月19日~9月5日の間、テレワークの集中的な実施に取り組むこととしました。

https://www.meti.go.jp/press/2021/06/20210611006/20210611006.html#

オリンピックが開かれることにより、普段以上の混雑や、人との接触がある可能性があるために、テレワークでお仕事ができる企業に対してはそれを求めると言うような内容ですね。

\\ テレワークデイズ2021の期間//

テレワークデイズ2021が行われる期間のカレンダー
https://www.meti.go.jp/press/2021/06/20210611006/20210611006-1.pdf

\\簡単に言うと //

  • 7月19日~9月5日
  • 合計49日間
  • 期間中テレワークを求める
  • 求めるのは民間企業
  • 目標は3000団体
  • テレワークの定着化

参加団体の募集を行っているそうですが、参加団体に対するメリットにも取れるようなことも書いてありました。

参加団体へのメリット

テレワークデイズ2021に対して、参加団体を募集しています。

さらにその団体へは、メリットとも取れる内容が記載されてありました。

参加団体の取組を当ホームページに掲載いたしますので、テレワークに積極的に取り組
む姿勢を広くアピールする機会としてご活用いただけます。

https://teleworkdays.go.jp/docs/2021faq.pdf?21061102

うちの企業テレワーク積極的にしてますよ〜

と言うアピールをすることが可能だそうです。

\\ 協力の仕方は3つあるようです//

  • 実施団体(主に実施)
  • 特別協力団体(アンケートに協力)
  • 応援団体(リモートを支援する)

企業のHPなどで確認できれば『へ〜』とも思いますが

総務省のサイトなどで掲載されてもあまり影響力がない可能性はありますね。

メリットであるかというと微妙な気がします。

ちなみに2019年の実施の際に関する参加情報はこちらです↓

https://teleworkdays.go.jp/2019/

補助や支援の有無

テレワーク2021企業や団体に求めることにより、実施する側に負担が増えることは間違いなさそうです。

そのような中で 補助や支援の対策はあるのでしょうか?

厚生労働省の助成金は募集終了となっていました。

人材確保の面からこのお湯な助成金もあるようなのでチェックしてみてもいいかもしれません

 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/telework_zyosei_R3.html

ただ、令和3年1月の申請でリモートワークを推進するために厚生労働省から1企業に対し100万円までの補助があったようです。

なぜテレワークデイズ2021に対して批判の声が多いか

テレワークデイズ2021に対して世間の声がなぜこうも批判的なのかはこちらにまとめています。

\\ 世間の声…//

さすがに引く。笑 有無を言わさない強行突破ぶり。 テレワークさせないと安心安全じゃないのかよ。 じゃぁオリンピックなんぞやるな。

テレワークデイズ2020一年リモートワークを求められるのは一般の企業や団体です。

現在リモートができる企業に関してはすでに実施している企業や団体も多くあり、今からリモートを求められても企業にとっては負担にしか、なり得ないと言うことでしょうね。

やはり押し付け感が強いところが不満の大きな要因だと取れます。

世間の声は辛辣

テレワークデイズ2021に対しての世間の声をまとめています。

オリンピック・パラリンピックをテレ・競技にしなさい

運動したいのか自粛したいのか、いずれかはっきりせよ

一番冷房使う時期ですね。自宅仕事の方にはもちろん補助金出すんですよね?政府って呼びかけるだけが仕事じゃないですよね?あれ??

リモートで仕事を作業するとなると、それなりの設備やセキュリティーも必要になります。

そのような設備を整えることが難しい企業もたくさんありますよね。

応援団体によって多少の事は解消されるかもしれませんが、 国民の行動が制限されている今、不満が爆発しても仕方ないと言えます。

-ニュース