ニュース

小倉とも子がミトコンドリア鑑定をなぜ認めないのか【小倉美咲ちゃん行方不明】

ニュース
この記事は約4分で読めます。

3年前にキャンプ場で行方不明になった小倉美咲ちゃんですが、5月に入り発見された骨のDNA鑑定が始まりました。ミトコンドリア鑑定で、母親の小倉智子さんと血縁関係にあると言うことが発覚したようですが、なおも、小倉美咲ちゃんが生きていると小倉とも子さんは信じています。

ミトコンドリア間店によってわかったのは、小倉ともこさんと血縁関係にある人の骨と言うことです。

ここにきて、小倉美咲ちゃんのものではないかと思う人が大半だと思いますが、現在も、小倉美咲ちゃんのものでは無いと信じ続けている小倉とも子さんについてまとめていきます。

▶︎小倉美咲ちゃんは生きているが真相か「2頭の警察犬の捜索」道志村キャンプ場行方不明

▶︎小倉みさきちゃんはなぜ見つからない「靴と靴下は置かれたか」山梨県道志村キャンプ場

▶︎小倉美咲ちゃんは滑落したか「警察犬が橋で臭いが途絶える」道志村キャンプ場行方不明

ミトコンドリア鑑定で矛盾なしを認めない理由【小倉とも子と血縁関係】

2022年5月に入って、枯れた沢から発見された骨に関してミトコンドリア鑑定が行われました。DNA鑑定の1種で、母親の細胞内にあるミトコンドリアを子供は受け継ぐと言うことです。

ニュースでよく耳にする『矛盾なし』と言う事はどういうことかと言うと、

小倉とも子さんの細胞にあるミトコンドリアと、骨の中にあったミトコンドリアが同じだったと言う事ですね。

結果的に、骨の主と小倉ともこさんは血縁関係にあると言うことです。

たまたま、このキャンプ場から近いかれた沢から出てきた骨が、小倉とも子さんと血縁関係のある骨と言うことから、小倉美咲ちゃんの骨と言う可能性が非常に高くなってきているように思います。

しかもその周辺からは、当時小倉美咲ちゃんが来ていた靴や靴下、インナーなどが出てきています。

ミトコンドリア鑑定で鑑定できるのは、母親の家系をさかのぼれると言うことです。

今回行った、ミトコンドリア鑑定で、小倉とも子さんの家系の人のものではあると言う事は分かったものの、

骨の主が、男であるか女であるか、何歳位の人であるかなど、本人を特定することができないと言うところがポイントです。

小倉美咲ちゃんと別人の骨ある可能性も否めない

キャンプ場の枯れた沢から、発見された骨が以上のことから別人の骨である可能性も否めません。

例えば、母親である小倉智子さんの、家系の方がこの山で亡くなっている可能性があるとして、その骨が落ちていたとしたら。

現在は、骨の持ち主が『小倉美咲ちゃん』と確定したわけではなく、

『小倉とも子さんの親族の可能性』

と言うところまではわかっていると言うことです。

この骨が落ちていたのは、何年前なのかいつ頃からなのかそういった事は分かりません。

そんな希望を持って、小倉ともこさんは小倉美咲ちゃんの帰りは今でも信じ続けています。

骨の持ち主が、小倉美咲ちゃんであると言うことが何かの間違いであったらいいと思える、最後の希望ともいえます。

小倉とも子さんは骨を小倉美咲ちゃんの物と確信している

小倉ともこさんは、キャンプ場から離れた枯れた沢から発見された骨がミトコンドリア鑑定にかけられた上で、自分との親族の関係があると言うことが明らかになった時点で、小倉美咲ちゃんの骨と言うことをほとんど確信している可能性はあります。

その理由として

  • 近くから小倉美咲ちゃんの当時の衣類が発見されていること
  • ミトコンドリア鑑定より、自分との母子関係が明らかになっていること

どんなに信じたいとしても、小倉ともこさんは本当は心の中では理解しているのではないでしょうか。

しかし、頭で考えることと、実際にそうであって欲しくない事と心の中で矛盾してしまう事は数多くあります。

信じないといけないけど信じたくないと言う事柄は生きていていくつもあります。

しかし、母親である小倉とも子さんはそれを一切口にせず、小倉美咲ちゃんが生きていると言う前提で捜査をされてきました。

小倉とも子さんは自分がそれを諦めてしまっては終わりだ時と思っているでしょう。

骨の持ち主が小倉美咲ちゃんだとはっきり分かるまでは、『諦めたほうがいい』と言うような意見は言うべきではないと思います。

YUMEMIRU
タイトルとURLをコピーしました