エンタメ

福井トシ子の経歴プロフィールは?看護師協会での評判などは?

看護師協会で会長を勤める福井トシ子さんについて経歴などまとめてみました。

看護に対してどのような信念を持って、勤められているのか?と言うところも気になるところです。

2020年〜2021年ではコロナウィルスの万円により医療体制は常に緊張していますよね。

オリンピックなどに関しても医療との連携が非常に大きな課題となっている中で、

会長の経歴を初め普段からどの様な考えを持っておられる人なのか?と言うところも気になります。

福井トシ子・看護協会会長のプロフィール

福井トシ子さんは2017年から看護協会の会長として就任されています。

看護協会よ

お顔もとても優しそうな方ですよね。

プロフィールはこちら!

名前福井トシ子(ふくいとしこ)
生年月日1956年生まれ
出身福島県
資格看護師、助産師、保健師、診療情報管理士、経営情報学修士、保健医療学博士

福井トシ子さんは1956年生まれなので、2021年の年齢は65歳と言うことになります。

看護師協会の会長として2017年6月から就任されていると言うことなので、もう4年目になる感じです。

 オリンピックの看護師500人派遣はどこから集めることが可能?医療崩壊だいじょうぶ?

経歴は?

福井トシ子さんの経歴はこんな感じです。

経歴はこちら

1983年 東京女子医科大学病院

1991年 杏林大学医学部付属病院産婦人科病棟師長

1994年 杏林大学医学部付属病院産婦人科病棟・新生児未熟児センター師長

1997年 杏林大学医学部付属病院総合周産期母子医療センター師長

2003年 杏林大学医学部付属病院看護部長

2010年 日本看護協会常任理事

2017年 日本看護協会会長

ウィキペディアより

福井トシ子さんは1983年から看護師としての職につき、その年ごは『助産師』の資格を取るために養成所で資格を取得しています。

助産師の資格を取るには看護師資格をもち、1年〜2年の実務経験が必要となり、その後は産婦人科での活躍が目立ちますね。

ここからも非常に真面目に職業に向き合っている姿勢を感じます。

看護師として働いていたのは、約25年間と言うことになります。

2010年に日本看護協会の常任理事に就任されているのでそれまでは看護師として活躍されていた可能性がありますよね。

日助湯に長い、実務経験をお持ちでさらに助産師としても活躍されていたでしょうから、

医療現場の苦労は十分にわかっておられることでしょう。

まとめ

日本看護師協会の会長である福井トシ子さんについて経歴やプロフィールなどまとめてみました。

看護のことを最前線で考えている福井トシ子さんですが、今後コロナ禍での活躍には非常に注目されるのではないかと言う印象です。

-エンタメ