ニュース

ゆうパック車両火災の原因は?保証期間や請求方補を調査

7月1 1日に郵便局のゆうパックをたくさん載せた車両が火災にあい、

中に載せてあった400個余りの荷物がおおよそ燃えてしまったとのことで話題です。

単純にすごい大変な事件だと思いのですが、その日本や出火の原因が気になります。

なぜ出火したのか原因は?

ゆうパックを400個余り乗せた、運搬車両の火災についてですが、現在のところ原因は突き止められていないようです。

\\ニュースサイトでは //

日本郵便によると、トラックに積んであったゆうパックの荷物約400個の大部分が焼けた。河内長野市と大阪狭山市へ配達予定だったといい、担当者は「心当たりのある方は連絡してほしい」と呼びかけている。

ただ、ニュースサイトの画像から判断するに、荷物が載せられているコンテナの部分がかなり焼け焦げているように見えます。

原因その一 電池が爆発した

400個余りの荷物が載っている車両ですから、おもちゃや精密機械が積まれていてもおかしくはありません。その中で、爆発の懸念のある電池類が爆発したのではないかと言う予想もあります。

\\ 電池が爆発//

以上の動画のように、電池類が圧力をかけると発火するものがあります。かなり多くの荷物を積載していたので、荷物の重みで圧迫された電池が爆発したと言う可能性もあります。

ライターやスプレー缶が原因

ライターなどのオイルが漏れることやスプレー缶が夏の暑さで温度が高くなり悪化することなども考えられます。

さすがに、400個の荷物が積まれていたので、もしかするとそういったものが紛れ込んでいた可能性もありますよね。

最近では、フリマサイトの利用などもかなり増えていて、中身を詳細に記載しない商品も紛れ込んでいる可能性もあります。

ペットボトルが発火した

水を入れたペットボトルなどを車内に放置していると、虫眼鏡のような効果になって強いと思えてしまったりするようなことがあるようです。

しかし、運転手が無事だったことから運転席が1本であると言う事は考えにくいですよね。

さらに、荷物がほぼ全焼してしまったと言うことなので、やはり積み荷のほうに何か原因があったのではないかと予想している声も多いです。

ゆうパックの焼失に保証はあるのか?

今回、演奏中に消失してしまったゆうパックに関しては保証はあるのでしょうか?

今回燃えてしまったゆうパックが届く地域は以下のようでした。

荷物の宛先は、郵便番号が586か589から始まる地域。問い合わせは日本郵便のお客様サービス相談センター、0120-232886=固定電話用=か、0570(046)666=携帯電話用=へ。

今回消失してしまった荷物に対して、保証がなされるのか?と言う疑問を持っている人も多いのではないでしょうか。

郵便局の公式ページではこのように記載されていました。

https://www.post.japanpost.jp/question/506.html

ゆうパックの場合、通常であれば30万円までの保証が付いているようなので、荷物の相当額を郵便局に請求することができるようです。

この補償を受け取るには、2週間以内に申し出る必要もあるそうです。

これは、荷物が届いたときに荷物が破損していたりした場合ですので、今回火災によって荷物がしてしまったと言う場合は、

申し出たタイミングによりそうです。

心当たりのある人はすぐに確認してみるほうがよさそうですね。

こちらもおすすめ♪

-ニュース