エンタメ

ワーケーションを子供連れで過ごすメリットとデメリットは?

ワーケーションという言葉が巷で流行しつつありますね!

子供と一緒に休日を旅行など過ごしながら、ついでに出勤扱いで仕事もできれば

有意義に時間を過ごすことができそうです。

現在の働き方としてはオンオフを分けて集中と緩和を繰り返しながら、

仕事をするというスタイルが一般的ですが、

子供と一緒にワーケーションに望むということはどのような効果をもたらすのか、

メリットとデメリットを考えてみたいと思います。

ワーケーションを子供と過ごす意味とは

ワーケーションを子供連れで過ごすってどういう意味合いを持っているんでしょうか?

  • 子供や家族と過ごす時間が増える
  • 子供に色々な経験をさせてあげることができる
  • いつもと違うところで仕事をできる
  • 食事や景色などが仕事のご褒美となる

このように、普段のどこかに通勤して時間が来るまでそこで作業をするというような

拘束時間を解放できると同時に、自由に仕事時間を選び

出勤している前提で出かけられるということですよね。

家族の時間がなかなか取れなくて困っている人も多いのでは??

子連れワーケーションのメリット・デメリット

子連れでのワーケーションに待っているメリット・デメリットは何なんでしょうか??

一長一短あって当然だよね!!

子連れワーケーションのメリット

子連れワーケーションのメリット

  • 子供と過ごす時間が増える
  • 子供に色々な経験をさせてあげられる
  • 助成金が出る施設がありお得に宿泊できたりする
  • 自分自身のリフレッシュ・モチベーションの向上に繋がる
  • 連泊が可能になりカレンダーに定められた連休が関係なくなる

家族との時間が少なく、なかなか旅行にもゆっくり行ける環境にない方は

この『ワーケーション』の認知が進むと

家族との時間も増え絆も深まりますよね。

会社や上司がどういう認識を持っているかなどにも関係してくると思いますが

『選択肢がある』ということが大きな分かれ道になってくるような気がします。

さらに、ワーケーションに対して助成金が出る宿泊施設もあるようなので、

お得に旅行できるのはいいですよね!

そして、連泊が可能になると、

普段は1泊2日がほとんどだ・・・(それ以上は休みの関係でできない・・・)

という方が交通費の節約にも繋がると思います!

連泊で長く楽しめれば1日の単位の交通費って下がりますよね!

家族との時間がもっとほしいと思っている方にはいいかも!

子連れワーケーションのデメリット

子連れワーケーションのデメリット

  • 仕事の効率に影響が出る
  • 子供と遊ぶ時間は結局なかったりする
  • 食費・交通費は自腹
  • 単に旅行と遊びを両立したことによる疲労

仕事と遊びを一緒にしてしまうことに関しての不安が大きいかもしれません。

普段はオンオフの世界で仕事をしていたとしたら、

二つを同時に行うということは、心にも体にも負担があることもあるでしょう。

慣れた仕事であるかどうか?

リモートで十分可能な仕事なのか?

という熟練度にも関連してくるように思います。

子供がいると予想外の展開があることもあるでしょう。

預けられる施設やイベント、遊び場の情報を整理した上で

ワーケーション計画を練る方が良さそうです。

ワーケーションにも慣れが必要な気がします。

ワーケーションを子供と過ごすまとめ

ワーケーションを子供連れで過ごすメリット・デメリットに関してまとめてみました。

どちらにしても一長一短あると思いますが、

そのような『働き方』が多様して行くのはとてもいいことだと思います。

もし、ワーケーションガできるような職種であれば、

ぜひ近場から挑戦&経験してみてはいかがでしょうか??

-エンタメ

Copyright© YUMEMIRU , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.