MENU

山上容疑者の判決予想を調査してみた!有罪判決決定で無罪はなし?

当ページのリンクには広告が含まれています。

山上被告に関する意見を総括すると、死刑が科せられる可能性は低いとの共通の認識が見受けられます。

その理由としては、彼の行為が政治的テロではなく、個人的な動機に基づいて行われたものであるとの見解が多いからです。これにより、彼に対して国家内乱罪を適用することは難しいと考えられます。

また、被告の母親が旧統一教会によって洗脳され、そのことが彼の生活を破壊したという事実についても注目すべきです。そのため、彼の行為はある程度は被害者の側面を持つとの意見があります。

一方で、彼の行為が重大な犯罪であることには変わりないため、無期懲役かそれに近い有期刑が科せられる可能性が高いと考えられます。

目次

無期懲役だと言う意見

山上さんについての考察をしてみると、無期懲役という意見が多いようですね。彼の行った行為はその重大性から言葉にするのも辛いような事件であり、それに見合った厳しい罰を受けるべきだという意見が多いようです。しかし、一方で、山上さんのお母様が旧統一教会により洗脳され、そのことが彼の生活を破壊したという事実もあります。そのため、山上さん自身も一種の被害者であったと考えている方もいらっしゃるようです。しかし、何れにせよ彼の行った行為は許されることではありません。そのため、彼の行為の重大性とその結果に対する適切な罰を求めるという意見が多いと思われます。

有期刑だと言う意見

一部の意見では、被告人が自身と家族の不幸な過去からくる強い被害者意識を持っていたことを考慮し、有期刑が妥当とする声もあります。これらの意見は、被告人が社会からの再教育・更生の機会を与えられるべきだとの視点からきていると思われます。

無罪になる可能性は?

無罪になる可能性は極めて低い。

無理やり捻り出した理由は以下です

  • 責任能力が認められない: もし山上さんが事件の時、精神的に困難な状態にあったと認められれば、法律の第39条に基づいて、責任を問われないと判断されるかもしれません。その場合、無罪になる可能性もあります。しかし6/19のニュースで山上容疑者には完全に責任能力があると判断されたと発表がありました。これをきっかけに無罪になる可能性はなさそうです。
  • 正当防衛: もし山上被告の行動が、自分や他の人を現在進行中の危険から守るために必要で適切な行動だと認められたら、それは正当防衛と言えますね。そうなったら、刑法のルールに基づいて、彼は無罪になるかもしれません。しかし、今回の場合、身の危険とかは全くなく、攻撃する気だったため、正当防衛とは言っても自身の過去からの復讐や恨みだったことが挙げられるため正当防衛とは言えません。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次