美容

ジェルネイルシール|トップジェルで固める時のオフ方法は?削らなくてOKな塗り方も!

最近人気のジェルネイルシールですが、シールなので貼った途端に剥がれてしまって困る!

という時に、ジェルトップコートで固めてしまう方法はいいですよね!

しかしこの時のオフの方法はどうするんでしょうか?

削ったり、溶かしたりしなくてもOKな落とし方を解説していきますね!

トップジェルを塗ってしまった時の落とし方

ジェルネイルシールの上かたトップジェルを塗った時の落とし方についてです!

どちらかというと、ジェルネイルシールを貼るときにコツがあるので

最初からお話ししますね!

  1. マニキュアのベースコートまたはトップコートをぬる
  2. ジェルネイルシールを貼る
  3. ジェルのトップコートで硬化する
  4. 爪の根本から、シールを剥がす(え?それだけ??)

実際にこのやり方でやってみたら非常に簡単でした!

上記のやり方の特徴は、ベースをマニキュアにすることによって、ベースコートを削ったり溶かしたりする時間のかかる工程を減らすようにしています!

ベースはマニキュアがおすすめ!

ベースをジェルにしてしまうと、固まったジェルを落とす作業がのっかかってきます…

これが意外と手間なんですよね…

こんなものを準備しないといけないし…

  • 削るファイル
  • アセトンなどの分解液
  • アルミホイル
  • 保湿剤 
  • その他もろもろ…

このように一手間かかってしまうのでこの工程を減らすために、

ベースコートは『マニュキュア』がおすすめ!

もしも、ベースをやり直したい!と思った時に『マニキュア』ならすぐに落とすことができますよね!

これで無駄な工程を減らすことができます!

正直マニキュアであれば『トップコート』であっても『ベースコート』であっても

どっちでもOKですが

おすすめはトップコート!

その理由は

  1. 表面がツルツルになるので、ジェルネイルシールを貼りやすい
  2. 色が透明なので自然な仕上がりになる 

このようにトップコートをジェルネイルシールのベースに使用することにより、

ジェルネイルシールを剥がす時やチェンジする時には本当に

少ない工程でオフすることができます!

トップコートジェルの塗り方も工夫して!

トップコートのジェルを塗るときに『剥がす時のことを想像した塗り方』があります。

それは…

  • ジェルネイルシールの上にうっすらとぬる
  • 爪の先は少しうちまで塗り込む 

このやり方がおすすめな理由ですが

表面にうっすら塗ることで、剥がす時にパリパリにならないので、ゴミが出にくいです。さらに、ジェルネイルシールを貼っている間にダメージを受けやすい爪の先に塗り込むことで剥がれにくくなります。

このようにトップジェルコートを塗ることによって、力を入れずとも簡単に根本からシールを剥がすことができますよ!

おすすめのジェルトップコートはセリア!

最近では100均のセリアでジェルネイル売ってますよね!

私はいつも『トップコート』を使用しています!

こちらのいいところは

  • ノンワイプタイプである
  • すぐに固まる
  • きらきら!!!! 

一番は見た目が綺麗に仕上がることですね!

実際、トップコートはどっちでもいいと思うのですが塗ることで持ちをよくすることもできます。

ノンワイプであることから、固めたらその場でツルツル!

本当に、未効果ジェルがなく、拭き取る必要もないので手間なしです!

さらに文句なしのきらきら加減!

装飾が最初から施されたジェルネイルシールを盛るのになくてはならないアイテムですよ!

ちなみにプロにやっぱりやってもらいたい!という場合はこちらが安くておすすめです!

実際のジェルネイルシールの持ちに関してはこちらの記事にまとめています!

まとめ

ジェルネイルシールのトップコートとしてジェルネイルで固めてしまった時のオフの仕方について

解説してきました。

実際はオフの仕方よりも、塗る時の工程にフォーカスした方が剥がす時に手間がない!

といった感じですね!

よかったら参考にしてみてください!

-美容
-